Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« ランダエタ、地元判定に泣く | Main | 思い切りやさぐれたい »

August 05, 2006

水中、それは夜ひらく

YOU TUBEで三上寛の「夢は夜ひらく」を久しぶりに聴いた。津軽の吹雪く海を彷彿とさせるような怨嗟と情念のこもる迫力に圧倒されながら、今までそれが宇田多ヒカルのお母さんで、赤塚不二夫のキャラクタ、ハタ坊が「ホッカイローのケイコたーん」と呼んだ藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」の歌詞を替えてのカバーだと思っていたが、調べてみると元々その藤圭子版は園マリのカバーらしいことが分かってきた。
調べを進めてみると、といってもWikipediaですぐにたどり着いたのだけれど、それによると作曲は曽根幸明だが、もともと原曲があって「練馬少年鑑別所で歌われていた曲を曾根幸明が採譜・補作したもの」という。あの小林旭の「練鑑ブルース」のネリカンがオリジナルだったのか。しかもこの曲がおびただしい歌手によって歌詞を替え歌われているのをみて、既にこれは当時の時代と情念が自然発生的に生み出した特別なメロディーなのではないかと思うようになった。
このリストをみると、66年の園マリ版が最初のようで、藤圭子版が70年、三上寛が71年、その後、根津甚八やちあきなおみ、最近では大槻ケンヂまでが歌っている。
なんと言っても、藤圭子版は強烈なインパクトで記憶に残っているが、藤の「十五、十六、十七と」の十七を「じゅうひち」と発音するハスキーな声と思い詰めたような暗い美少女ぶりが頭から離れない。67年には園マリが主演の映画まで制作されている。

しかし、三上の詞は強烈だ。
このメンタリティは寺山修司の初期短歌のそれを彷彿とさせるいかにも70年代のテイストが濃い。

で、そのなかで、ちあきなおみの「夢は夜ひらく」を無性に聴きたくなってしまってお茶の水を捜したが、結局見つからず、というか中古で安いものがなく、DISK UNIONで何故か「水中、それは苦しい」の復刻アルバム「ひと目見て憎め」を買って帰った。これ昔のメンバー構成で、DVD付き。一応押さえておきました。


GOLDEN☆BEST 藤圭子版「夢は夜ひらく」

ひらく夢などあるじゃなし(紙ジャケット仕様) 三上寛版 「ひらく夢などあるじゃなし」


ひとめ見て憎め(DVD付)
何故か水中の復刻アルバム「ひと目見て憎め」を買って帰りました。


- 夢は夜ひらく (三上寛)
http://www.youtube.com/watch?v=dmUISholB3Q

« ランダエタ、地元判定に泣く | Main | 思い切りやさぐれたい »

音楽」カテゴリの記事

Comments

三上寛はぼくの好きな即興ベーシストの故・吉沢元春といっしょにやってたのですね。その頃のはちゃんと聴いたことがないんですが。

> 故・吉沢元春
しまった、吉沢さんの名前をまちがうとは。。

吉沢元治、です。。

ググってみましたら、インプロビゼーションベーシストとして有名な方だったんですね。
三上寛は寺山の映画「田園に死す」とか「戦場のメリークリスマス」など俳優としても活躍していて脇役ながら強烈な存在感ですね。
最近でも映画出演しているようですが、以前は偶にテレビに出たりしていたものの最近は全然見かけませんね。フォークというより、怨歌というにふさわしい独特な世界が魅力です。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/11279513

Listed below are links to weblogs that reference 水中、それは夜ひらく:

« ランダエタ、地元判定に泣く | Main | 思い切りやさぐれたい »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!