Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 墜ちる少年 / SABU 『疾走』 | Main | 『嫌われ松子の一生』 »

July 03, 2006

『寝ずの番』

寝ずの番この映画を観て一昨年だったか中島らもが亡くなって、随分前の、といってももう20年以上前になるけれど「ぴあ」に毎号載っていたカネテツデリカフーズの広告を思い出した。当時この見開きの手書きマンガをみながら、一体この人どういう人なんだろうと思っていたが朝日新聞の「明るい悩み相談室」であっという間にメジャーとなりその後小説、劇団、バンドへと展開したが、その作品の一つがこの映画の原作となった「寝ずの番」だ。
話は上方落語の重鎮である笑満亭橋鶴の通夜の席で弟子たちが生前の師匠の想い出話を繰り広げるというもの。その後、一番弟子の橋次や師匠の妻、おかみさんの志津子も亡くなり、そのたび通夜で語られるエピソードがそれぞれに滋味深い。おそらくこの原作そのものが中島の創作落語とも言うべきものなのだろう。

監督は昭和の名監督マキノ雅弘の甥に当たる津川雅彦がマキノ雅彦とマキノ姓を名乗ってでメガホンを取り、配役も師匠の橋鶴に兄の長門裕之、鉄工所社長にマキノ雅弘と親交の深かったというコメディアン堺駿二を父にもつ堺正章、弟子の女房役に津川の娘、津川真由子、マキノ雅弘から芸名を受けた富司純子などマキノゆかりの俳優陣、ほか中井貴一、木村佳乃、岸辺一徳、笹野高史、高岡早紀、土屋久美子、蛭子能収、末弟子役で実際に芸人のプリンプリン田中章など。

津川真由子は赤ん坊の頃に誘拐され当時大きなニュースになって小生もそのときのテレビ報道をかろうじて記憶しているが、なんとまぁお母さんにそっくりではないですか。ちなみに母親は言わずと知れた浅丘雪路。
高岡早紀はあの事件以来どうも汚れ役ばかりなのだが、この映画でもちょっとここまでやってしまうか(勿論話の設定上)、という感じで少々なにか気の毒な感じもあり。木村佳乃はこういう気っぷのいい役は合っているかもしれない。

古典落語「らくだ」の死人のカンカン踊りとか、芸者だった志津子を巡って師匠と恋敵だった鉄工所の社長との艶歌合戦などを随所にちりばめて、軽妙で奥深い風情をにやにやしながら楽しめる大人向の佳品だ。
ちなみにこういう艶笑都々逸や替え歌のいくつかは小生もどこかで聞いたことあり。別にお座敷遊びをしている訳じゃありませんが(笑)。
こんな風情を作品として撮れる監督は津川ならではなのではないだろうか。2006年、110分。

■関連サイト
- 寝ずの番 powered by ココログ
http://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/

« 墜ちる少年 / SABU 『疾走』 | Main | 『嫌われ松子の一生』 »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
あのカネテツデリカフーズの広告って、中島らも氏が描いてたんですかー!
そうだったのか、そうだったのか…、となんかブツブツつぶやいちゃいました。(笑)
そういえばあの独特の色味、中島らもと言われて納得出来る色味です。

こんばんは~、ブツブツつぶやいちゃいましたか!
でももう20年以上前の話だし、中島らもがまだフリーになる前の頃だと思うので、いまの広告がそうかどうかはちょっと自信ないんですが、キャラクタの「てっちゃん」が主人公のナンセンス系マンガだったと思います。
で、サイトを確認してみたら「啓蒙かまぼこ新聞」という活字系の連載もまだコーナーとしてあって、中島が出ていたCMも動画で見られるんですね~。懐かしいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/10744178

Listed below are links to weblogs that reference 『寝ずの番』:

» 第二回「せんべろ忌」日本酒到着 [川村けんとの「いい加減にします」]
 旧暦六月廿日、鞍馬の竹伐たけきり。水無月みなづき、蓮はじめて開く。 「せんべろ忌」に向けて注文していた日本酒が届きました。現在我が家の冷蔵庫には、  一升瓶十四代    中取り純米吟醸 藩州山田錦 生十四代    中取り純米吟醸 備前雄町 生真澄  ...... [Read More]

« 墜ちる少年 / SABU 『疾走』 | Main | 『嫌われ松子の一生』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!