Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 展覧会情報をサイドバーに設置してみました | Main | 杏雲堂から »

July 20, 2006

同じものを二つ買う

自分は同じ本を買ってしまうことが結構あって、そりゃ若年性アルツハイマーだよ、気の毒に・・・などという憐れみプラス蔑みが聞こえてくるような気もする訳だけれども、それが真性だったら本の内容も毎回新鮮に読めたりしてお得かも知れない、んなわけないが、そういうウッカリ者、粗忽者、うつけ者、男サザエさん(しつこい)であることは否定できないとしても、そういう知らず買ってしまい、数ページを読んだところで気がついて自己嫌悪から自己憐憫を経由して苦笑に至るようなウッカリではなく、そうと知りながら買うことも多い。
前に読んでその後売ってしまったり、友人に上げたりして手元を離れた本を古書店の均一台で見つけて懐かしさから買ってしまうような場合もあるし、家にあるのが分かっていて、それを捜すのが面倒で買う場合もある。そういう本は勿論3冊100円というようなものに限る訳で、この間も上原隆「友がみな我よりえらく見える日は」(幻冬舎文庫)を再び買ったのは早くもボケた訳ではない(筈・・・)。

困るのは、改題している場合だ。
特に単行本が文庫になるときに多くて、気になる作家の文庫が出て買って読んでみると、不思議な既視感が次第に濃くなって行き、怖々奥付を確認すると、何々を改題したものです、などとヒッソリ書いてあったりしてガックリくることがある。こういうのは、原題を腰巻きにでも書いてくれると有り難いのだが、出版社もこういう客層(笑)をわざと狙っているフシがある。いや、絶対そうに違いない。

これに似たことをビデオやDVDでも良くやってしまう。借りてから、これ、前に見たじゃんということが年に2度はあってやっぱり病気?渡辺謙?などと言いながら勿体ないのでもう一度観たりして。
でも何度も読みたくなる本に巡り会えるというのなら話は別でそれはそれで幸せなことに違いない。

同じネタで前にエントリしてないだろうな>自分(笑)

« 展覧会情報をサイドバーに設置してみました | Main | 杏雲堂から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

アタクシの場合、もう一度買いたくても、内容だけ覚えているものの題名と作者を覚えておらず二度目が買えません(笑)メジャーな内容だったらネットで調べはつきますが、なにしろマイナー過ぎて、いつも古本屋(大抵絶版ゆえ)で唸ってます。
で、先月来唸り続けているのは、漫画なんですけど、1シーンだけ覚えていて、そこだけが好きで、内容・作者・タイトル全てが不明という三重苦を味わっております。この身悶え感がいいんですけども(変態←アルツハイマー向きの性格かも

その1シーンというのはこれですか?
http://decorations.or.tv/gal316.htm
別の意味で身悶えしそう。

いやいやしかし、シーンを覚えていても作品がなんだったか分からないというのはありますよね。それで間違えて買ってしまうというのが大半なんですけれど、「これ面白そう。」と買って既読の作品だったときは、多分前に買ったときにも面白そう、と思ったんでしょうね(笑)
そういう失敗を繰り返さないために、最初の数行を読んで確かめてはいるんですが、それでも間違うことがあって重症です(笑)。
その1シーンが何だったか、というのは人に聞いても分からないだろうし、それが文字列なら検索もしようがあるけれど、マンガの1コマだとグーグル様もお手上げですよね。教えてGooなどで訊くという手はあるかもしれないですが、簡単に分かってしまうのもなんだか味気ないし、私も今後は身悶え感を大切に生きて行こうと思いました(嘘)。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/11015671

Listed below are links to weblogs that reference 同じものを二つ買う :

« 展覧会情報をサイドバーに設置してみました | Main | 杏雲堂から »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!