Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 吾妻ひでお / 『うつうつひでお日記』 | Main | メリー・冬子・マリ子、そしてレモン画翠 »

July 15, 2006

Fのおもいで


久しぶりに、本当に久しぶりにカメラケースを開けて全てのカメラを出し、一通りシャッターを切りレンズの絞りをグリグリ回してシリカゲルも替えてみた。可動部分を偶にでも動かしてやるとカメラも喜ぶようだ。でも最近はほとんどフイルムを通していない。デジカメでさえも最近は持ち歩かなくなってしまったのは自分で撮るよりも他人の写真を見る方が数段面白いことに気づいてしまったからだ。また気が向いたら撮り始めるかも知れないが、持って写す気にさせるカメラに巡り会っていないという理由が最も大きいと思う。持ち重りのする完全メカニカルの小さなカメラが欲しい。

以前、荻窪にカメラのプリズムという店があって、休日や平日の夕方に行くと互いに名前は知らないが顔なじみの常連が小さな店にひしめき合ってとりとめのない蘊蓄を語っていたものだ。一時期小生も通い詰めたことがあったが、その店はもう既にない。いつ店を閉めたのかは分からないが、ロシアカメラに造詣の深い店主がこじんまりとやっていた良い店だった。ここでオリンパスペンFTの中古とライカマウントのロシアンレンズ、ジュピター12、35mmF2.8(白)やオリジナルアクセサリーなどを買ったりした。特にキリル文字の入ったライカ用シャッターボタンは薄くて使い易く今でも装着している。
ここの常連は当然のことながら皆カメラを手にしているのだが、申し合わせたように誰一人としてフィルムを入れていないというのが半ば常識となっていて、「ちょっとシャッター切らせてよ。え?!フィルム入ってるの?!」などという、カメラにフィルムが入っているという考えてみれば至極当たり前のことに殊更驚くというような会話を良く聞いたものだった。
ほかにも、昔レンズの接合によく使われていたバルサムの劣化を直す為に、レンズに熱を加えてそのバルサムを一度溶かそうと熱したホットプレートに載せて結局駄目にした「レンズを焼く話」などは、それがもし薄型レンズだったなら文字通り「パンケーキを焼く」ことになる訳だけれど(笑)そんな話や、せいぜい1万円もしないFEDやZORKIといったロシアンカメラのシャッターを何万もかけてチタン幕に換装したりとか、病深い人々(小生含)の虚実取り混ぜた面白い話が飛び交っていた。

写真のニコンFは小生が学生時代に新橋駅前にあったウツキカメラで勿論中古で買ったもの。当時ボディで3万円ほどだったと思う。ファインダーのプリズムに浮きがあるが、それほど気にならない。この間、ニコンサロンでシャッターを調べてもらったら、全速度規格範囲内でまだまだ正確だったのには驚いた。もう製造後40年以上経っている筈だ。既にメーカでは製造中止となっているパンケーキ45mmf2の白を付けたらバランスが良いだろうな、と思っていたが、もう今では中古価格が高くて手が出ない。
たまにはこれでオサンポ写真でもしてみようかという気に、なるかも知れない。

« 吾妻ひでお / 『うつうつひでお日記』 | Main | メリー・冬子・マリ子、そしてレモン画翠 »

写真」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。愛情がひしひしと伝わってきますねぇ〜。
美しいボディ。吸い込まれそうな、グラマラスなレンズと鏡銅.....。「お散歩」は、ぜひ、この組み合わせでなさるべきかと(笑)。
やはり、風格が違いますね。

marmotbabyさん、こんばんは。
そそ、この直線的なボディにグラマラスな胴、いや鏡胴がカメラ界のツンデレともトランジスタグラマーとも言われた訳ですが(全然言われてない)、体重は重いし巻上げると指の皮が剥けてくるとか、なかなか気むずかしいところがあって、付き合うには肩が凝るタイプなんですよね。
しかしこの50mmf1.4はみっちりとガラスの塊で、シャープなんですが、硬すぎて印画紙の号数を下げるか軟調現像でもしないと調子が出ないという、お堅い娘、いやレンズなんですよ。体力がないとお散歩には向かないかも。襲われた時の武器にはなりそうですが。それより、オリンパスペンSの黒塗りが欲しいです。

たびたびすみません。Pen Sと聞いて、じっとしていられませんでした(苦笑)。
オリジナルのBKにこだわる必要はありません。すでに
ご存知かと思いますが、"Tomyのリペイント"のトミー
さんにお願いされれば、素晴らしい仕上がりで戻って
きます(私のブログの検索ボックスで、"Tomy"と検索して頂くと、関連記事が出て来ます。ちょっと、宣伝)。
父の所有物であった2台のPen S2.8を、1台はBKにレストア&リペイント、もう1台はOHのみお願いし、本来、赤文字である"S"の刻印のみを黒にして頂きました。
どちらも、完璧な仕上がりです。
と、2台のPen S2.8を愛用していました。ところが最近、Pen S3.5が手に入って......(初期の三光商事のものではありません)。このあたりは、また、別のお話ということで。

こんばんは。ペンSはローライ35と並んで欲しいカメラの筆頭なんですよ。エレガントですよね。
それを3台もお持ちとは羨ましいです~。程度の良い在庫がなかなか見つからないですし、あっても高いですよね。この位のコンパクトさがお散歩カメラにはピッタリ。
トミーのリペイントは有名ですよね。塗り直したらさぞキレイなんでしょうね。
七宝塗装室高橋はリペイントを辞めてしまいましたね。私もペンFTやこのFをブラックにしてみたいです、お財布に余裕があれば、ですが(笑)
うーん、ペンS、欲しくなってきました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/10947676

Listed below are links to weblogs that reference Fのおもいで:

« 吾妻ひでお / 『うつうつひでお日記』 | Main | メリー・冬子・マリ子、そしてレモン画翠 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!