Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« ちょっと旅行へ | Main | 『寝ずの番』 »

July 01, 2006

墜ちる少年 / SABU 『疾走』

疾走 スタンダード・エディション昨日帰国したばかりでまだ時差ボケのまっただ中、12時間のフライトに4時間のトランジット、その後国内線に乗り換えて2時間、やっと着いたと思ったらそこからタクシーで1.5時間、成田までの時間を含めれば片道の移動だけで丸一日を超えてさすがに体にキた。しかもエコノミーでいまにも血管が詰まりそうだった。血栓が、血栓がぁっ!という夢までみたりして。ビジネスなんて夢のまた夢。マイルでアップグレードしようとしたが、満員で叶わず。しかしいつも思うのが、乗降口からエコノミー席に行くまでにビジネス席の脇を通るときの羨望と敗北感(笑)だ。たまに席の都合でビジネスに移れちゃったりするラッキーもあるが、そんなことは過去2度ほどしかない。

で、帰るなりTSUTAYAで重松清原作、SABU監督の「疾走」を借りた。是枝裕和「誰も知らない」(2004年、141分)に出演の韓英恵が主演だったからだ。実は重松清の作品は読んだことがなく、小説「疾走」が文庫で出ていたのは知っていたが全く事前情報なしに借りたというわけだ。

「沖」と「浜」という地域が互いに反目し合う、とある干拓地が舞台。兄の放火からやがて崩壊する家族。その弟と、両親の自殺で一人残された少女とが絶望と諦念のただなかでそれぞれの孤独を抱えながらまさに「墜ちてゆく」物語だ。

この映画を観ながら、これは風景が語る映画なのだと気がついた。
ロケ地はエンドロールによるとたしか茨城だったとおもうのだが、アルペジオで執拗にリフレインされるBGMとトラックの通る殺伐とした風景が素直に美しい。SABU監督らしからぬまた違ったテイストの作品に仕上がった。
以前同じことを感じた映画があって、それは瀬々敬久の「雷魚」(97年、75分)だった。これは私のなかでは邦画で五指に入る作品なのだが、この映画の風景も同じテイストを持っていて、殺伐とした日常風景が異常な美しさでそれ自体が一つの主題となっている作品だ。

少年に手越祐也、少女は韓英恵、共にセリフ回しがまだ辿々しいが、特に韓英恵は幸薄そうな役には適役で、教師への反抗から自らの髪をハサミで切るシーンが印象的だ。兄役の柄本佑も青春期の狂気を良く演じている。
豊川悦司が教会の神父役なのは一歩間違えると不謹慎にも笑いそうになってしまうのだが、さすがに上手い。ほか最近「嫌われ松子の一生」でも同じような役柄の中谷美紀、大杉漣、寺島進など。

以前、何かの雑誌だかで、つげ義春が「生きる力を打ちのめされるような絶望的な映画を観たい。」と言っていたのを思い出した。徹底的に、絶望的に美しく堕ちてゆく作品を私も観てみたいと思う。(2005年、125分)


■関連サイト
- 映画「疾走」 オフィシャルサイト
http://www.shissou.com/index_pc.html

« ちょっと旅行へ | Main | 『寝ずの番』 »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/10744168

Listed below are links to weblogs that reference 墜ちる少年 / SABU 『疾走』:

» 「疾走」 [試写会帰りに]
イイノホール「疾走」試写会。 SABU監督作品。原作 重松清「疾走」。 昔は海だった地を干拓し、田んぼを作り集落を作っていった新しい住民達を“沖”と呼び差別する“浜”の人々。 地域の差別、学校でのいじめ、開拓と地上げ、身近な者たちの死。 それら全てが絡み合い子供..... [Read More]

» 『疾走』 [京の昼寝〜♪]
誰か一緒に生きて下さい。 ■監督・脚本 SABU■原作 重松 清(「疾走」上・下)■キャスト 手越祐也、韓英恵、中谷美紀、豊川悦司、大杉 漣、寺島 進□オフィシャルサイト  『疾走』 “沖”と“浜”という2つの地域が存在する西日本のとある干拓地。“浜”の人々は“沖”を蔑み近寄ろうとはしなかった。 “浜”で両親と優秀な兄と暮らす心優しい少年シュウジ(手越祐也)は、幼い頃、そんな“沖”のヤク�... [Read More]

» 「疾走」鑑賞 [エモーショナル★ライフ]
「疾走」と言う映画を見てきました。 これは僕が最近読んで非常に気に入った小説「流星ワゴン」 の作者でもある重松清さん原作の小説の映画化です。 監督はSABU、主役はジャニーズのユニットNEWSの手越裕也君。 ほとんどストーリーを知らずに見に行ったのですが、 一見平..... [Read More]

« ちょっと旅行へ | Main | 『寝ずの番』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!