« ジオラマライク+アオリの写真家たち 3 | Main | 作場知生展 【hideout】@ヴァニラ画廊 »

May 07, 2006

赤ヒ夜、マチベン、亀田三兄弟、新世紀書店

NHKの土曜ドラマ「マチベン」がいよいよ佳境に。沢田研二がなかなか良い味を出しているし江角も彼女らしい性格設定でプロットにも引き込まれる。でも昨日の第5話で話の筋が読めてしまったのが少々残念。来週放映で最終回。

近所の古書店で花輪和一の「赤ヒ夜」購入500円。以前持っていたが売ってしまったこともあり、安いのでついまた買ってしまった。20年前に読んだものを改めて読むのも懐かしい。家族に対する憎悪の念、因果、因縁などというテーマをこうも執拗に描き続けることに既に因果因縁を感じてしまうのだが、作中「牛耳る女」「かかと」などが再読しても新鮮だ。

昨日の「きっこのブログ」で亀田三兄弟のボクシング戦の書き込みがあって正直このブログの妙な偏向ぶりに辟易していたものの昨日の記事はまさしく我が意を得た思い。まぁ、これ以上書くまいとは思うが。しかしプロゴルファーや音楽などでも子供をプロにしたいが為の親のエゴというものにいつも気味の悪さを感じてしまう。最初は素直な子供も自我が確立してゆく過程で次第に疑問を持ち、本当に自分がしたいことは何なのかというような、親の型にはめられる窮屈さを自覚するようになるケースがプロとなって名が売れた後でも多いような気がするし、そういう意味で亀田三兄弟は話すことはまるで一人前のようだが、まだまだ素直な子供なのだろう。お父さんを信じて疑わない少年期真っ最中なのだ。しかし、この後どう変化してゆくのか、ボクシングとは全然関係ない部分で興味津々だ。

2004年に渋谷のパルコで二週間だけ開店していた実験書店、「新世紀書店」がドキュメントとして出版されている。著者は杉並北尾堂の北尾トロ。これからの書店のあり方についてなかなか興味深い話。

新世紀書店--自分でつくる本屋のカタチ
新世紀書店--自分でつくる本屋のカタチ

« ジオラマライク+アオリの写真家たち 3 | Main | 作場知生展 【hideout】@ヴァニラ画廊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/9940185

Listed below are links to weblogs that reference 赤ヒ夜、マチベン、亀田三兄弟、新世紀書店:

« ジオラマライク+アオリの写真家たち 3 | Main | 作場知生展 【hideout】@ヴァニラ画廊 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!