Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« とにかく重いココログ / この無様さを恥とせよ | Main | 日本ブログ大賞2006に「きっこのブログ」 »

March 31, 2006

中平卓馬と贈呈本

随分暖かくなったと思っていたらまた寒が戻って昨日は毛のコートを着ていなかったら危うく風邪を引きそうな程だったが、気分転換にどうにかごまかしつつ仕事を抜け出して神保町を徘徊。三省堂の写真集棚に中平卓馬の「Adieu a X」が積まれていて、かつて森山大道らとともに写真というものを解体した中平が脳溢血だったか定かでないが倒れ記憶も危うい状態で再び写真との邂逅を果たした作品だったかと思い出すものの、こちらの記憶もかなり危うい最近、少々自信がないが、たしか90年代に出版されたものの復刻ではないかと思う。買って損はない写真集だ。そういえば以前NHKの「日曜美術館」で中平の特集をやっていて録画していながらまだ見ていないのを思い出した。下らない番組を重ね録りしていなければよいのだが。
その後、原書房で久しぶりに易書をみる。前に買った紀藤元之介著「古易活法秘典(全)」は昭和30年代初頭の出版で大阪で易学の研究会、実占研究会を主催していた紀藤の最も油の乗った時期の著作。ちなみに随分前に「実占研究」誌を揃いで買ったが8万円もしてかなり痛かった。
この紀藤の著作と、とにかく手に入らない仁田丸久の著作をいま探しているが仁田の著作は東洋書院が復刻本を出している。オリジナルは出ても異常な高値が付くのでそもそも入手は無理だ。
紀藤の「古易~」には扉の著者近影に本人の手によって贈呈先へのサインが入っている。そう思い出して社に戻りその名前を検索してみたが、見当たらなかった。某総裁へ、とあったので当時の著名な人物と想像したが残念。
古書に傍線やメモ、書き込みがあると内容はともかくそれだけで買いたくなるのだが、そういう本は得てして安値がつくのでなかなかやめられそうにない。

« とにかく重いココログ / この無様さを恥とせよ | Main | 日本ブログ大賞2006に「きっこのブログ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/9351536

Listed below are links to weblogs that reference 中平卓馬と贈呈本:

« とにかく重いココログ / この無様さを恥とせよ | Main | 日本ブログ大賞2006に「きっこのブログ」 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!