« 森下愛子・永島敏行 / 『十八歳、海へ』と『サード』 | Main | 『LOVE書店!』 / 本屋大賞2006選考間近 »

March 22, 2006

まず脳からデトックスしたい

最近流行のデトックス。そうよく耳にすると自分の体のなかに得体の知れない重金属とかその他もろもろ余計なものが溜まってそうな気がしてくる。
実はひそかにメープル野郎を自称して憚らない小生は、何かに付けメープルシロップがかかったパン、アイスクリーム、ホットケーキなどを口にしてしまう傾向がある。何でメープルシロップってこんなにオイシイの?特にバターとの相性がバツグン、などと成人病まっしぐらな危険思想に冒されていて、どうも容易に転向出来そうにない。

そう思うと一刻も早くおぞましい毒を外に出したい欲求が高まってきて、恐らくそういう気分にさせることで商売に繋げてほくそ笑んでいる向きもあるとは分かっているものの影響されやすい性分からか、ネットで見つけた「毒出しジュース」なるものを試しに作ってみた。

このジュースとは、ミントティーにショウガ、レモン汁を加えてミネラルウォーターで希釈、1日1リットルを目安に飲むと言うもの。場合によってオリゴ糖を加えることもあるらしい。デザイナーだかなんだかのカールなんたらという御仁がこれで40kg以上痩せたというが、そもそも40kg痩せられるというもとの体重は一体何キロあったのか、そちらの方が驚くというものだ。
これは前に流行った「ショウガ紅茶」に近いかも知れない。ショウガを摂ると体が温まってきて基礎代謝が上がるとか上がらないとか。そもそも、デトックスとはその語から察するに毒=toxを出す=de、つまり解毒という訳だから、必ずしもダイエットとは同じ意味ではない筈だが、ネットで調べてみるとどうもその辺りが曖昧に受け取られているようで、なんでこのジュース(しかしこれジュースか?)に解毒作用があるのか全く分からない、とはいえ大してお金もかからないので遊び半分に当分続けてみようかと思ってます。あとで報告しますね。
しかしこういうダイエット(もう誤解してる)はどうもなにかを飲むという方法ばかりで、どうしても「運動をする」とか「余計に食べない」というプラス方向には気が向かないというのは自分でも見て見ぬ振りなところがおかしい。
多分、ちゃんと運動して脱メープル生活を実践すればスッキリするんだろうけれど。

その前に、仕事のしがらみなどもろもろややこしいものを一旦捨て去りたい、つまり脳のデトックスをしたいくらいだ。一ヶ月ほど南の島で寝そべっていたら相当デトックスできそうなのだけれど、そういう無理なことを考えることでまた毒がたまったりして。というより、デトックスって一種の強迫観念のようなもの?「解毒信仰」とか「解毒神経症」を生んでいるのではないかと思いながらジュースをすすっております。

« 森下愛子・永島敏行 / 『十八歳、海へ』と『サード』 | Main | 『LOVE書店!』 / 本屋大賞2006選考間近 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/9214689

Listed below are links to weblogs that reference まず脳からデトックスしたい:

« 森下愛子・永島敏行 / 『十八歳、海へ』と『サード』 | Main | 『LOVE書店!』 / 本屋大賞2006選考間近 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!