« 『時効警察』最終回に男泣きする | Main | 「つきたまぎつうしん」 / キッズgooのフィルタリングで遊ぶ »

March 14, 2006

リトルブッダ失踪と寺内貫太郎

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1先日亡くなった久世光彦の追悼番組だろうか、TBSで「寺内貫太郎一家」をやっていて思わず見入ってしまった。見たのは途中からで娘役の梶芽衣子演ずる静江が嫁ぐ最終回だった。当時リアルタイムでみていたのだが、こうやって見直すと確かに子供の頃みたシーンを覚えていて懐かしいというより不思議な感覚だった。ばあちゃん役の樹木希林(当時悠木千帆)は当時32歳。お手伝いの美代子役、浅田美代子は18歳だ。向田邦子のドラマはまた別にエントリしたいのだが、昭和の、しかも当時すでに滅び行く昭和のディテールを慈しんだセリフ回しと言葉遣い、登場人物の背負う物語の濃さ。家族の群像劇は何度見ても見飽きない。しかし加藤治子の演技は今見て本当に上手いと思う。脇役に由利徹、伴淳三郎、左とん平、貫太郎の弟役に谷啓、飲み屋の若女将に篠ひろ子と訳ありの着流しに何故か横尾忠則。いま見ると若くて70年代ど真ん中という感じ。おなじみの物干しや屋根で歌う劇中歌「「しあわせの一番星」、「虹の架け橋」なんかもう懐かしくて不覚にも泣いてしまった。屋根でギター片手に歌う浅田も西城秀樹も、履いているGパンはベルボトムだし。もう少ししばらく見ていたかった。深夜枠でも良いから全話を再放送して欲しいと思う。

ネパールでブッダの化身と言われ、昨年から菩提樹のもとで瞑想をしていた少年が失踪したとのニュースがあって、なかなか面白そうなのでエントリしようと思ったがなんだか眠くなってきたので今日はこの辺であちらの世界に行って来ます。なんだかなぁ。

« 『時効警察』最終回に男泣きする | Main | 「つきたまぎつうしん」 / キッズgooのフィルタリングで遊ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/9079196

Listed below are links to weblogs that reference リトルブッダ失踪と寺内貫太郎:

« 『時効警察』最終回に男泣きする | Main | 「つきたまぎつうしん」 / キッズgooのフィルタリングで遊ぶ »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!