« ライ力と緑茶酒 | Main | また洋書専門書店が・・・ / 旧タトル商会が閉店 »

February 23, 2006

差し入れてほしい

いま東京拘置所にいる堀江被告は百科事典から始まってハングルの入門書、四書五経、司馬遷などの中国古典を差し入れさせて読書三昧だという。
これはある意味、うらやましすぎる(笑)
雑事に煩わされず一日中好きな本が読めるなんていっそ小生も拘置所にこもりたい位だ(笑)。取り調べも読書の気分転換だと思えば苦にならない、そんなわけないか。
それにしても、よく無人島へ持ってゆく一冊などというあり得ないシチュエーションを想定して悩まなくてもいい頭を悩ませる遊びがあるが、拘置所へ差し入れさせる本ということなら多少現実味を帯びてくるかも。といっても別になにかそういうやましいところがあるわけじゃないので誤解なく(笑)。もし自分がホリエモンの立場だったらなにを差し入れてもらうだろうかと寝転びながら考えた。

やはり外に(こういう時はシャバというのか)いるときにはじっくり読めない本、ということが一つのポイントかも。その意味で堀江氏の選本はこういう時のスタンダードな選択だ。

小生なら・・・

- 夢野久作全集 浮世を忘れる。
- 国訳大蔵経 たしか全31巻・・・
- 字統、字訓、字通(白川静) とにかく没頭。
- 横溝正史など昭和探偵もの10冊ほど
- フックス 風俗の歴史 全巻 これしょうもなく面白いですよ。じっくり読みたい。
- 稲垣足穂大全 金に糸目はつけまへん。初版本ならなおよい。

切りがないのでこの辺で。
拘置所にはDVDプレーヤーとプロジェクターは持ち込めないのかなぁ(笑)

« ライ力と緑茶酒 | Main | また洋書専門書店が・・・ / 旧タトル商会が閉店 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/8796860

Listed below are links to weblogs that reference 差し入れてほしい:

« ライ力と緑茶酒 | Main | また洋書専門書店が・・・ / 旧タトル商会が閉店 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!