Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 充電可能なPSP用USBケーブルはW-ZERO3にも良いかも? | Main | 森山大道 / 『写真よさようなら』再刊 »

February 17, 2006

ブシェミ節炸裂 / 『アイランド』

【ご注意:ネタバレしております。】 何年か前にバーで乱闘の末、なんと刺されるという目にあった私生活をもつスティーブ・ブシェミ(ブシェーミ)は、脇役と言うより映画のスパイスというか、時には完全に主役を喰ってしまうほどの存在感で大好きなコーエン兄弟の常連だったりすることもあり、小生の心のなかでは一時期「ブシェミ祭り」がひそかに爆発していて万国旗やら花火やら大道芸などで賑わっていたくらいだ(どんな祭りだ)。アイランドこの「アイランド」はこの間の「ホステージ」と一緒に借りたのだが、無論ユアン・マクレガーやスカーレット・ヨハンソンに惹かれたのではなく、ただただ敬愛するブシェミ師匠が出演しているから借りたのだった。この作品では前半部分で死んでしまうのが残念だが、その短い間でもキャラクタが立っていて、というか立ちすぎる位で元コメディアンの資質が存分に出ていて嬉し泣きだ。

この作品は、公開当時あまり目立たなかったようだが、SFとしてなかなか良くできている。冒頭のシーンではいかにもな近未来的SF臭のしつらえで幻滅し、設定が2019年(だったか)と今からそう先のことでもないのにこの未来くささは無理やろ!と思ったが、話を追ううちにそのカラクリが分かってきて結構引き込まれた。SF作品は殆ど観ないのだが、それはあまりに現実離れしていて(当たり前だが)楽しめないという小生の嗜好からきている。しかし、この作品ではそれが今とそう変わらない世界へ繋がってゆくことのバランスがいい塩梅なのだ。
臓器を使われるために作られ唯一の理想は「アイランド」へゆくことと刷り込まれたクローンたちが、次第にその本当の目的を知ることとなる。このプロットは実は社会によって作られた人生の目的という「幻想」を、知らずに刷り込まれている現実の我々そのものの暗喩とも言える。そうは言っても、アクションシーンは世間を知らないはずのクローンがそれほど現実社会で立ち回れるのかとかのツッコミは敢えて無視しながら何も考えずに楽しめるし、展開がスピーディーで飽きさせない。残業で疲れた時に見ると思いの外リフレッシュできて良いかも。2005年、アメリカ、136分。


« 充電可能なPSP用USBケーブルはW-ZERO3にも良いかも? | Main | 森山大道 / 『写真よさようなら』再刊 »

CINEMA」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/8718648

Listed below are links to weblogs that reference ブシェミ節炸裂 / 『アイランド』:

« 充電可能なPSP用USBケーブルはW-ZERO3にも良いかも? | Main | 森山大道 / 『写真よさようなら』再刊 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!