« 『BOYS―GRASSROOTS』 神木クンと写真集のなか身 | Main | ブルース・ウィリス / 『ホステージ』 »

February 09, 2006

写真という物語 / 吉場正和 『あき』

あき―吉場正和写真集
この写真集を見かけて以来、モデルの視線がずっと頭の片隅に居座っていたが、ページを捲りながらゆっくり眺めていると写真家とモデルとの間に紡がれる物語のなかへ他者であるはずの自分が何故か埋もれて行くような感覚がある。リリシズム溢れるシチュエーション、親密な視線。版元のリトルモアのサイトによると偶然立ち寄った本屋でモデルとして声をかけ、それをきっかけとして知り合い以来10年をかけて撮されたものだという。このように関係性を深めつつ時間をかけて撮られたポートレートはあまりないのではないだろうか。時折挟まれるシチュエーションショットはこの写真集の物語性をさらに際立たせている。ではその物語の行く末、結末とは一体なんだろうか。その親密さ、優しさが濃いほどにやがて訪れる「物語の終わり」を予感せずにはいられない。
この写真を見ながら、荒木経惟の「センチメンタルな旅」を思い出していた。この作品は新婚旅行をモチーフにした彼の処女写真集だが、その序文で荒木が「自分の新婚旅行を撮影した私小説」というように、物語を一編の「映画」もしくは「小説」として意図され構成されている。吉場のこの作品も写真で構成した私小説とすれば読者はその物語性というものをことのほか感じながらイメージを追体験することになる。
プロフィールによると吉場は商業写真の分野で活躍中とのことだが、その後のあきとの「物語」はどういう結末を迎えたのだろう。

センチメンタルな旅・冬の旅
荒木 経惟
4103800011

■関連サイト
- Little More Web 吉場正和「あき」

« 『BOYS―GRASSROOTS』 神木クンと写真集のなか身 | Main | ブルース・ウィリス / 『ホステージ』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

はたまたお久しぶりです。アラーキのレポートやりました。
ぼろぼろだったんですよね。
また今度まわってきたら、azisayumiさんに相談してもいいですか?

ノクダさん、「夜の写真部」で荒木やらはったんやね。しかし撮るだけじゃなくて写真評論もやるなんてスゴイ!面白そう!役にはたたへんとおもうけど、そんときはメルしてな!ほじゃまか。

いえ…。
じつはぶっちゃけここだけの話、大学の教科書から結構パクりました。
イエヤシナイヨこんなこと!

あらま、ぶっちゃけちゃったんすね。でも学生の頃の論文とかでは如何に類書の内容を頭に入れるかというようなテストの時の乗り切り方をしてたんですが、殆どの場合、普通の学生がそんなにオリジナルな自説を持ってる筈ないですもんね。先生にはどの本から持ってきたのか、全部分かってたんだろうなぁ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 写真という物語 / 吉場正和 『あき』:

« 『BOYS―GRASSROOTS』 神木クンと写真集のなか身 | Main | ブルース・ウィリス / 『ホステージ』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!