« 60年代、新宿の匂い / 森山大道、寺山修司 『あゝ、荒野』 | Main | BSEどころではない / 『アジアの安全な食べ物』 »

January 05, 2006

林静一 / 『淋しかったからくちづけしたの』

淋しかったからくちづけしたの―林静一傑作画集 少女編

私にとって林静一は「赤色エレジー」であり「す」のロッテ小梅ちゃんだ。
伝説のバンド「はちみつぱい」からあがた森魚がソロとなって以来ファンなのだが、単なるアナクロと切り捨てた友人に耳も貸さずそういくら言われようと好きなものは仕方がない。当時「赤色エレジー」をひっさげて極く珍しくテレビに登場したあがたは今でも思い出せる程鮮烈だった。
この赤色エレジーを映画化した「僕は天使ぢゃないよ」をその後、京都の京大西部講堂へ観に行ったりした。

僕は天使ぢゃないよ


この辺りの事情について恐ろしく詳しいサイトを発見した。図版も豊富で素晴らしいの一言に尽きる。
- spanish castle magic

林静一の抒情溢れる挿画は中原淳一や竹久夢二の系譜上にあるもはや伝統と言って良い様式美、マニエリスムだ。最近の仕事はさらに洗練されているようだが、70年当時の儚げな線がどちらかというと個人的には好きだ。
この本は、70年当時からごく最近までの仕事を鳥瞰したもの。最近、欲しい本が次々と見つかって困る。

林静一公式サイト
- 心象花

« 60年代、新宿の匂い / 森山大道、寺山修司 『あゝ、荒野』 | Main | BSEどころではない / 『アジアの安全な食べ物』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

マンガ・劇画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 林静一 / 『淋しかったからくちづけしたの』:

« 60年代、新宿の匂い / 森山大道、寺山修司 『あゝ、荒野』 | Main | BSEどころではない / 『アジアの安全な食べ物』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!