« 林静一 / 『淋しかったからくちづけしたの』 | Main | 『西遊記』がまたリメイク »

January 06, 2006

BSEどころではない / 『アジアの安全な食べ物』

既に昨年からネットで大きな話題となっているが、あらためてこの映像をみると震えが止まらなくなる。
たった1エントリのこのブログは、既に今日現在2200を超えるコメント、670を超えるトラックバックが寄せられている。

- アジアの安全な食べ物

マスコミも一時期中国の農薬にまみれた「毒菜」を採り上げていたが、その後余り語られなくなった。
ニュースはそれほどに移り気で刻々と新しい問題に上書きされてしまうものだ。
しかし、こと生活のもっとも基盤となる「食」に関する安全についてはしつこすぎる程に継続してもし過ぎることはないだろう。

奇形動物の写真や、エントリの後半部分に語られる背景はコメントでの議論も含めて目を逸らすことなく熟読すべき内容だと思う。

« 林静一 / 『淋しかったからくちづけしたの』 | Main | 『西遊記』がまたリメイク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

チェルノブイリ原発事故後の10年も経ってない頃に近隣国に住んでましたが、ミルクなんかのパッケージに「Ukrajina」って書かれてたり、抗生物質で巨大になったロシア製のキュウリ(これがなかなか腐らないロングライフ仕様)があったり、卵だの茸だのは放射性物質が蓄積されやすいなどなど、そんな中で健康を害しつつ寿命が縮まりつつ灰色の空気の中で暮らしてましたが、さすが中華は極彩色でございますね。京劇のカキワリかと思いました。すばらしい。
海外の和食材売り場では、中国製の方が超安いので、高い日本製のを現地の人は買わなくなるんですよね。そんなわけでお店の棚には中国産ばかり。ひじきとかわかめとか、乾物だけにヤバそな物質がめちゃくちゃ高濃度であったと思います。
でも、空気も河川も国境なしですから、いろんな形で日本製のなにかに紛れ込んでいることでしょうね。
自宅で野菜を栽培する気になってきました・・・・。ううう。

ISさん、このサイト、なかなか衝撃的ですよね。京劇の書き割り、確かに色づかいが中華してます(笑)
海外の日本食とか素材って、実は中国製が多いですよね。もしくは日本製でも期限切れ品とか。素材が外国でも日本で加工されると原産国が日本になるなんて法整備の問題も大きそうですね。かねてから怪しいとは思っていましたが、もう中国製のものは口にする気になれません。
といいながらいま食べている柿ピー、これ中国産じゃん!
個人で回避するのには限界がありますよね。
本当、無農薬の自家栽培でもやらないかぎりあとで大きいツケを払うことになりそうで心配。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/8080544

Listed below are links to weblogs that reference BSEどころではない / 『アジアの安全な食べ物』:

« 林静一 / 『淋しかったからくちづけしたの』 | Main | 『西遊記』がまたリメイク »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!