« 『西遊記』がまたリメイク | Main | WILLCOM / PHS端末 W-ZERO3の入荷安定とはいうものの・・・ »

January 09, 2006

『いましろたかし』 / いつまでも不発な日常

「いましろたかし」の漫画は昨年「ラララ劇場」を読んでからまるで熱病のように、という表現は全然当たってなくて、気がついたら、この間「釣れんボーイ」を買ったところでその作品の殆どが本棚に収まっていたというのが真相だが、こういう買い方がいましろの作品には合っているような気がする。

ショウモナイ人のショウモナイ話。いつまでも不発な人生、起伏のない日常を淡々と描くいましろの作風は単なるほのぼの系漫画とは明らかに違う奥深さがある。それは多分殆どの人が営々と過ごす日常というものがこの作品群で情けないほど等身大にリアルだからだろう。だから少々身につまされる部分もある。
この感覚はおそらくある程度の年齢が必要かもしれない。なにかを既に諦めた部分が内にないと共感しづらいように感じるからだ。しかし、昨年、中野のタコシェで行われたサイン会で列をつくるファンはみな20代そこそこか10代が殆どだった。「ラララ劇場」での、ふと独り苦笑を漏らすような諦念という感覚が若い人の共感を得ているのをみて、ふと何かを発見したような気分になった。

読み進めるのであれば、「初期のいましろたかし」から「トコトコ節」、「釣れんボーイ」と読んで「ラララ劇場」へというのがお勧めかもしれない。それにしてもいままで"いましろたかし"を知らなかったのが悔やまれる。


釣れんボーイ釣れんボーイ
いましろ たかし

クール井上―いましろたかし傑作短編集 初期のいましろたかし―ハーツ&マインズ+ザ★ライトスタッフ+その他 トコトコ節 ラララ劇場 タコポン (下巻)

by G-Tools

« 『西遊記』がまたリメイク | Main | WILLCOM / PHS端末 W-ZERO3の入荷安定とはいうものの・・・ »

マンガ・劇画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/8081142

Listed below are links to weblogs that reference 『いましろたかし』 / いつまでも不発な日常:

« 『西遊記』がまたリメイク | Main | WILLCOM / PHS端末 W-ZERO3の入荷安定とはいうものの・・・ »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!