« 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 | Main | 冬の曇り »

December 06, 2005

『本日の水木サン』

この間、なんとなく会社を休みたくなってたまには良いかと思い、急に熱が出たことにして神保町1丁目1番地、神田三省堂をくまなく逍遙するうちに、考えてみたら熱が出ているのになんでこんな知り合いに会いそうな、というかもはや必ず遭遇すると思われるところをふらふらしているのかに間抜けにも気づいて独り笑いを少々、心の内でいま病院帰りなんだ、とか、あぁ、あれは僕のレプリカントなんですよ、などという愚にもつかない言い訳を準備しながら、少々どきどきしつつの密やかなこの休日も悪くないな、などとひとりごちてふと人文関係の棚を覗くと、「本日の水木サン」が山積み、というほどではないが程々に積んであった。
この本、水木しげるの名言を1年366日に配してまるで日めくりのように毎日、水木サンの滋養に富んだお言葉を頂けるという趣向。編者は大泉実成だ。大泉は太田出版の「消えたマンガ家」(現在新潮OH!文庫)や某宗教の輸血拒否事件をルポルタージュした「説得」で以前楽しませてもらったが、水木原理主義者としても有名なお方だそう。
水木しげるの著作はつい先日「カランコロン漂流記」を中野の魔窟、まんだらけで購入し読んだばかり。
腰巻きの惹句、「ホッとして生きることがラクになる不思議な言葉の玉手箱」は少々凡庸だが一読措く能わずというより枕元に置いて寝しなに読むと良い夢が見られそうな気分だ。
某月某日、「才能と収入は別なんですよ。」など、水木ファンなら何でこんな言葉が出るのかが思い当たるし、軍隊時代の南洋での出来事など、飄々としてかつ爛漫な生き方のスタンスはたしかに癒されるなぁ。結局一年分を一気に読んでしまった。そうこうしているうちに本当に熱っぽくなってきた。やはり言霊の作用だろうか。明日も休もうか(クビ)。


本日の水木サン―思わず心がゆるむ名言366日
本日の水木サン―思わず心がゆるむ名言366日

« 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 | Main | 冬の曇り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/7501145

Listed below are links to weblogs that reference 『本日の水木サン』:

« 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 | Main | 冬の曇り »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!