« モノクロ印画紙の現在 / デジタル時代のモノクローム | Main | 『本日の水木サン』 »

December 05, 2005

世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』

http://www.worldrps.com/index.html

もの凄く唐突ですが、ジャンケンって英語では rock-paper-scissors というんですね。この順番にもいろいろあるみたい。そのまんまです。
「パー」は「紙」ですが、欧米では手の甲を上に向けて指を広げずにあたかも「セーフ!」とやるみたいに出すんですね。

私の地域では「ジャンケン、エッ!」と言ってました。最後の「エッ!」というのがいまだに良く分からないのですが、単なる気合いなのか・・・。スタンダードは「ジャンケン、ポイ!」だとすれば亜種かも。
言い方は、「じゃ~ん~け~ん~、エッ!」というジャンケン部分をだらしなーく伸ばすというリズム。
「チッ、ケッ、タッ!」とか、「グーパー、グーパー、グーパー、ジャン!」なども聞いたことがあります。
地方毎にいろいろあるみたいで面白い。
ジャンケンに似たお座敷遊びの「藤八拳」なんてのもありますが、これは庄屋、鉄砲、狐の組み合わせ。
三すくみの世界観です。

このジャンケントーナメントをモチーフとした映画まで制作されています。
- Rock Paper Scissors

The Official Rock Paper Scissors Strategy Guide
The Official Rock Paper Scissors Strategy Guide

ジャンケントーナメントのオフィシャルガイドブックです。
たとえジャンケンとはいえ戦略などと真剣です。

拳の文化史
拳の文化史

江戸時代には数拳・虫拳・虎拳・狐拳などのいろいろな拳遊びが流行し
これらを本格的に勉強するために「拳道」まで成立したらしい。
日本人はなんでも道にしてしまうんですね。

この本についての書評をセイゴオ先生が書いていらっしゃいました。
- 松岡正剛の千夜千冊 / 『拳の文化史』 セップ・リンハルト


« モノクロ印画紙の現在 / デジタル時代のモノクローム | Main | 『本日の水木サン』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』:

« モノクロ印画紙の現在 / デジタル時代のモノクローム | Main | 『本日の水木サン』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!