Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 飛ぶ夢をしばらくみない | Main | 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 »

December 04, 2005

モノクロ印画紙の現在 / デジタル時代のモノクローム

写真が次第に銀塩からデジタルへ移ってゆくにつれモノクロ写真のあり方が変わって来ているように思う。銀塩ではもちろんのこと、まずモノクロを撮るのであればモノクロフィルムをカメラに詰めて撮影に臨むことになる。最初からモノクロを撮る心構えで被写体や画面を考えながら写すということが撮影の流れになってくる。
しかし、デジタルではその事前選択の必要はない。コマ毎にその場でモノクロにするかカラーにするかを自在に考えることが出来るし、撮影後の画像処理の段階で決めることも可能だ。むしろこの方が多いかも知れない。
小生の場合、フィルムスキャナを購入してからは銀塩カメラで撮影する際には後でデジタル化することを想定して、以前は殆ど使っていなかったカラーネガフィルムを多用するようになった。最終的にはモノクロにするつもりでも、結局デジタル化してしまうのであればカラーネガが簡便だ。フィルムの値段は安いし、インフラとしての街のミニラボは減少しているとはいえまだまだある。というわけで、以前は必ず撮影後の宿題、つまりモノクロ現像処理をしなければならなかったのだが、最近は殆ど、というより全くやらなくなった。
学生時代からモノクロはトライXを100ftの長巻きからLPLのデイロールでパトローネに巻き込みISO400で撮影、コダック処方のD-76を1:1に希釈して20℃8分のタンク現像というのを基本にしていた。D-76は現像の都度廃棄する。この方が液の疲労を現像時間で調節する必要がなく、いつも同じ条件で現像が可能というメリットがある。また希釈現像は粒子も鮮鋭でグラデも豊富な仕上がりになって好都合だ。増感は富士のパンドール、またコダックのテクニカルパンを軟調現像して超微粒子現像をやったこともあった。
一方紙焼き、つまり印画紙への引き伸ばしは、三菱の月光2号を基本として現像液はD-72、フェロタイプはかけず自然乾燥というのが定番だった。作品は(無論大したものではないが)バライタ紙にこだわっていた。過去形なのはこれもいまは殆どやっていないからだ。引き伸ばし機もこの間点検すると、コンデンサが曇っていてもう使い物にならないかもしれない。真夏や真冬など、氷やお湯で温度調節しながらの現像は大変だったが、いまはPC上でフォトショップで焼き込み、出力はインクジェットプリンタで済む。簡単でクリーン、廃液もでないので環境にも良いし、完全に明室で処理できるなどとは以前は想像もつかなかった。

しかし、適正にアーカイバル処理された銀塩の印画紙はインクジェットプリンタなど想像もつかない程キレイなものだ。如何に技術が進んでいるとはいえまだまだ全く別物といってもよいのではないだろうか。
モノクロ印画紙は既に昭和40年頃から現像処理時間が短縮可能な、樹脂でサンドイッチした原紙を使ったRC紙が普及してバライタ印画紙でのフェロタイプ乾燥が不要になっていたものの、両者は美しさの違いで歴然としている。小生がバライタにこだわるのもこの美しさ、精緻さが格段に違うからだ。写真集でのグラビアをみてもその違いは分からない。作家の焼いたオリジナルプリントを、できればガラス越しではなく直接見れば、それはもう複製芸術というよりそれ自体がひとつの「工芸品」だということが分かる。バライタの黒は非現実的な程に黒というリアリティが濃厚でこれは写真表現ならではの美だと思う。

「写真工業」誌、2005年10月号特集の「黒白印画紙はどうなる」では、現在販売されているモノクロ印画紙のリストが載っていて興味深かった。AGFA PHOTO社の倒産やILFORD社の王子製紙による買収など銀塩メーカが減少しているなかでコダックが今年でモノクロ印画紙の生産を中止するという話には衝撃を受けた。
そんなファインプリントという一つの芸術を失うのではないかという危機感のなかで、まだバライタ、もしくはRC印画紙の生産を行っているメーカには是非とも文化事業ということででも良いから生産を継続してもらいたいものだ。

この特集では、フランス在住のピンホール写真家として有名な田所美恵子さんが、蚤の市などの骨董市で古い期限切れの印画紙を求めて作品に使用しているという話があって興味深かった。納得の行く印画紙を妥協なく探求する芸術家のこだわりをかいま見て非常に感慨深い話だ。写真はイメージだけではなく、版画や絵画と同じくプリントそのものが作品であり写真表現だということを改めて認識したい。

« 飛ぶ夢をしばらくみない | Main | 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 »

写真」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/7456165

Listed below are links to weblogs that reference モノクロ印画紙の現在 / デジタル時代のモノクローム:

» 今日の一枚 [龍呑スタイル]
 うーん、これはちょうど一年前くらいの写真か。今写真を自家プリント中。年に一度しかやらない。なぜかって?ちょっとめんどくさいのだ。  今年も終わりに近づき、忘年会の季節になってきた。おそらく3〜4の忘年会に出席することになると思うが、そのうちの一つは自分....... [Read More]

» 闇と向き合う [安達ロベルトのモノクローム]
***** >>安達ロベルト・オフィシャルサイト >>「人気blogランキング」 [Read More]

« 飛ぶ夢をしばらくみない | Main | 世界選手権まであるとは・・・ / 『拳の文化史』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!