Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 怪。写真に不思議な光が・・・ | Main | 赤い花 »

November 19, 2005

さて、来年の手帳を

いつも年末が近づくと来年の手帳は何にしようかと考え出すのだが、なかなか良いものが見つからずに結局妥協することが多い。会社で配られる手帳はしっかりした作りで業界の情報も多く決して悪くはないものの、いかんせんデザイン的に没。仕事よりプライベートな書き込みが圧倒的に多いし、プライベートの時に会社がちらつくのは精神的によくない。かといって使い分けるのは面倒だ。

ここ10年以上はスケジュール以外のメモは全て5x3カードを使っているので、手帳は予定だけを簡潔に書き込めれば良い。なるべく薄いもので、カレンダー形式の見開き1ヶ月が曜日の概念がわかりやすく便利だ。そのうえ、週数、つまり第43週などの表記があればなお良い。海外とのやり取りが仕事の大半なので、この週数表示は必須だ。向こうでは当たり前に使われるので、これがないといちいち手で確認しなければならないのが面倒だ。
しかし、日本の手帳にこの週数が載っているものはほとんど無い。そのため、いつもこれを年初に手で書き込むのが松の内の恒例行事となっている。

ちなみに、今までの手帳遍歴を、
・学生時代は新潮社の薄い手帳を使っていたと思う。「ぴあ手帳」なども使ったなぁ。
・社会人になり立ての頃はバイブルサイズのシステム手帳を。当時流行っていて、リフィルを自作までした。
 ファイロファックスも大枚はたいて買った。システム手帳は当時バブル経済の象徴のようなもので、厚ければ厚いほど仕事が出来るような変なヒエラルキーがあって、みんなバカみたいにブ厚いファイロを持っていた。
 この頃、手帳術なるハウツー本が続々と刊行された。「リフィル通信」という雑誌まであり、小生も愛読。
・その後、バブルが弾けるとともに手帳も薄くなっていったが、システムの良さが捨てきれず、奈良コンピュータシステムのシステムダイアリーをしばらく使用。これも面白いシステム満載で、アクセサリを随分買ってしまった。
・一橋大学の野口教授発案「超整理手帳」にも浮気。発想は良いが私には少々長すぎ。
・偶々読んだ本でカードの合理性に感動して、最初はB6判の京大カードを使用。新聞のスクラップから今日のおかずまでなんでもカード化したりしてはまる。梅棹忠夫の「知的生産の技術」に触発されたこともある。しかし、このB6という版型は学者には良いかも知れないが仕事には大きすぎ、その後5x3カードに移り現在も使用。


この5x3カードは図書館カード(今となっては懐かしい)と同じサイズで、至極便利。一件一葉で題名と日付を振るというルールを守る以外、使い方は自由だ。書店でのメモなどもスマート。玄人っぽい感じがグー。

ということで、結局、この5x3カードと同サイズの薄いダイアリー、コレクト社製の「マンスプログラム」230円ナリをここ何年か使っている。週数表示はないが、丸善のピッグスキン製5x3カードホルダーにカードと共に入ってなかなか気に入っている。しかしデザイン性は・・・諦めている。

でも、モールスキンとかクオバディスなどを使っている女性にはそれだけでホレてしまいます。

ゆらbooksさんおすすめの「ほぼ日手帳」も実はちょっと使ってみたい。)

« 怪。写真に不思議な光が・・・ | Main | 赤い花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
「ぴあ手帳」、私もむか~し若かりし頃に使ったことがあるようなないような…。
この年でこんなに記憶が曖昧なのも危ない?と思うけど、最近すべてがこんな調子です。
なのでやっぱり手帳はとっても必要。(笑)

ども、こんにちは。ぴあ手帳は映画館などの情報が盛りだくさんで楽しい手帳ですよね。でも紙質が薄くて書き込むと裏写りしてしまったような記憶があります。今は直っているかも。
「ほぼ日手帳」は良さそうですね。
移り気なもんで、いつも取っ替え引っ替え使ったり途中でやめたり。
愛着が湧くような良い手帳に巡り会いたいですねー。
私は真性健忘症なので(笑)、やっぱり手帳がないと不安です。それでもダブルブッキングなどよくやってしまいます(^^;;

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/7194998

Listed below are links to weblogs that reference さて、来年の手帳を:

» ほぼ日手帳到着! [ゆらbooks]
ほぼ日手帳が届きました!2日から順次発送、18日には発送完了予定…ということだったので、そろそろかな?そろそろかな?とワクワクと待っておりました。なのでようやく届いたこと、ただそれだけでも嬉しい! それにしてもさすが…!ですね。梱包、完璧。手帳がソソソ...... [Read More]

» 浮気しちゃった [Blog LYCKA TILL!]
去年10月以来、手帳はフランクリン・プランナーのシステム手帳を使っています。以前... [Read More]

« 怪。写真に不思議な光が・・・ | Main | 赤い花 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!