Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 赤い花 | Main | 『時間の断崖 ときのきりぎし』 »

November 22, 2005

『真夜中の弥次さん喜多さん』と『ハサミ男』 / 麻生久美子オールナイト

眩暈がしそうになったら空を眺めると良いのです。
中央線の長いエスカレータに並んでプラットフォームに上がるまでの間、前に並ぶ女性の着ている服の千鳥格子を眺めているうちに芒と眩暈がして、しばらくベンチで休んでいた。まるでエッシャーのだまし絵のようなその執拗な反復模様はどうも昨年悩まされた眩暈をまた呼び覚ますきっかけになりそうな気配だったので暴れそうな子をあやすようにしてしばらく眼を閉じていた訳だが、30分程じっとしていたら段々収まってきた。
そのまま帰宅したが、何故かこういうことがあると随分長い間観ていなかった、というより惹かれるものがなかったというのが本当だが、久しぶりに映画というものを観たくなりTSUTAYAで邦画二本を借りた。

「真夜中の弥次さん喜多さん」(2005年、124分)は落語をモチーフとしたテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」でなかなかの才能と思っていた大人計画の宮藤官九郎初監督作品。原作はしりあがり寿の同名漫画だ。真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション以前から弥次喜多はホモセクシュアルの関係だったという話は知っていたが、これをプロットの基線に敢えて据えるというのは邦画としては返って斬新だ。このテーマをハリウッドが巧妙に隠し、あるいは隠喩のなかに沈めていたことをルポルタージュした「セルロイド・クローゼット」(95年、104分)をまず思い出した。最近ではセクシュアリティをテーマとした作品も増えているが、それも例えばレズビアンがまるで流行の服を着るかのような装いで扱われているような風潮が一時期あって、特にそんなセクシュアリティを持たない少女達や作家らに自らのアイデンティティを際立たせる一種のアクセサリ、もしくはアートっぽさを出すためだけに「使われて」いたのが気に障った。本当の彼女らはヘテロの我々(もしくは筆者)と同じように切実で日常的なものに違いない。それをこの作品では与えられた背景として特にそれをあからさまなテーマとしていないことがまずは良い。
とにかくこの作品は頭を空にして楽しめばよい。クドカンの想像力はまるで子供のようだ。自分が快く楽しいと感じられるものを何の障碍もなく映像として表現することの小気味よさ。これは実は監督がもっとも楽しんでいる作品で、観客はその「おこぼれ」に預かっているに過ぎない。三途の川と荒川良々の下りはなかなかの想像力だ。未見の方はお楽しみ。一瞬の出演ながら古川新太がいい味を出している。七之助、勘九郎の親子競演も見ものだ。


一方、同時に借りた「ハサミ男」(2004年、114分)は殊能将之になる同名小説の映画化。ハサミ男麻生久美子、豊川悦司主演、池田敏春監督。プロットは小説がメフィスト賞を授賞した作品だけあり、脇役のセリフ棒読みとぎこちない演技にいかにもなB級臭を感じるのものの、なかなか楽しめた。というより、そもそも麻生久美子が出ているから借りただけで話になにも期待していなかったものの観てみるとそれなりのプロットだったということかも知れない。

実は「真夜中の~」にも麻生久美子が出ていて、偶然にも「麻生久美子二本立てオールナイト」となった訳。
というより無意識に麻生繋がりで選択していたということが本当のところ。話などどうでも良かったりして。

« 赤い花 | Main | 『時間の断崖 ときのきりぎし』 »

CINEMA」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/7253907

Listed below are links to weblogs that reference 『真夜中の弥次さん喜多さん』と『ハサミ男』 / 麻生久美子オールナイト:

» 真夜中の弥次さん喜多さん [It's a Wonderful Life]
とっても賛否判れそうな作品ですが、僕は面白いと思いました! こんなメチャクチャな作品は久しぶりに観た気がします。 どんな映画だった?って聞かれると答えようがない所が素晴らしい(笑) 「ロッキーホラーショー」なんかに近い感じかなあ、いや違う。 「和風...... [Read More]

» ハサミ男 [まつさんの映画伝道師]
第123回 ★★★☆(劇場)  叙述トリックの映像化は難しい。  つまり「小説」だからこそ成り立つトリックを「映像」で表現するのは難しいということだ。  例えばこんな小説があった。  男女の集団が青春を謳歌している。遊び、語り、恋をする。ところ....... [Read More]

» 真夜中の弥次さん喜多さん−映画を見たで(今年6本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:宮藤官九郎 出演:長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ、柄本佑、森下愛子、岩松了、板尾創路、竹内力、山口智充、清水ゆみ、ARATA、荒川良々、中村勘九郎、生瀬勝久 評価:82点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります)...... [Read More]

» ハサミ男(ネタバレ注意!) [悩み事解決コラム]
{amazon}  映像化不可能\と言われた小説ハサミ男の映画『ハサミ男』半年の 間に二人の女子高生が殺害される。その死体の喉には深くハサミが 突き立てられており、マスコミはそれをワイドショー化し、その 犯人をハサミ男と名付け、日本中の話題となる。 ... [Read More]

« 赤い花 | Main | 『時間の断崖 ときのきりぎし』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!