« 二人の画家 / 玉野大介と市場大介 | Main | オーラと風邪とビンゲンのヒルデガルト »

October 12, 2005

「謝恩価格本フェア」開催 バーゲンブックフェアと書籍の再販制度

今日10月12日から12月12日までの2ヶ月間にわたり、出版社82社の共同企画として「バーゲンブックフェア」が開催される。これは通常の定価から期間限定で割り引いた謝恩価格を時限的に行うもので、価格は定価の50%となる。フェア開催後は通常の価格に戻るということで、小生のような一読者にとっては欲しい本が見つかれば非常にお得だ。

「バーゲンブック.jp」(でググってみてください。)

この謝恩価格本とは一体何か?これは出版社それぞれが決める特定書籍の定価拘束を一時的に外すもので、期間が過ぎれば再び再販制度に則り定価販売となる。また、新刊発売時から小売価格を拘束しない書籍を「部分再販品」というらしいが、今回は一部この部分再販品も扱うとのこと。
参加出版社のサイトをみると、謝恩価格本の販売を独自に行っているところもあり、その割引率はある本では70%などとなっていて上記のサイトより安かったりする(場合もあるようだ。だが確かめた訳ではない。)

さて、この謝恩価格本は出版社でどのように決められるのだろうか。小生は出版人でも書店主でもない単なる一神保町散策人なので内部事情はよく分からないが、やはり売れ筋ではなく、返本されがちな本が選ばれるのではないかと勘繰ってしまう。これはその本の価値が低いということでは決してない。それを求める人にとってはまさに重要なものに違いないのだが、ここでいうその基準とは返本、断裁廃棄といういわば企業コストとしての歩留まりとしての視点に立ったときのそれだ。しかし個人的にはサイトをみると興味深い本が多くあってなんとも言えないが。

面白いのは、同じ本を、この期間中に店頭で買った場合は定価のままであるということだ。つまり、このバーゲンフェアはネットで購入した場合にのみ適用されるらしいということで、これを知らない人が書店で買うと「機会損失」するということになる。店頭での割引販売というのは再販制度を考えるとき畏れ多い不可侵の聖域という訳なのだろうか。

先日このblogでも扱った神保町、北沢書店1階に開店した「ブックハウス神保町」はこの謝恩価格本を店頭で扱うという。これについては業界内で議論があるようだが、小生としては再販制度に対する一石を投じたという意味で非常に意義深いことだと思う。無責任な言い方をすれば出版社も書店も、自らの判断で謝恩価格をしたいときに実施すれば結果的に業界の活性化に繋がると思う。これは再販制度の意義を汲んで敢えて言ってみたのだが。

« 二人の画家 / 玉野大介と市場大介 | Main | オーラと風邪とビンゲンのヒルデガルト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/6373773

Listed below are links to weblogs that reference 「謝恩価格本フェア」開催 バーゲンブックフェアと書籍の再販制度:

« 二人の画家 / 玉野大介と市場大介 | Main | オーラと風邪とビンゲンのヒルデガルト »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!