« 「謝恩価格本フェア」開催 バーゲンブックフェアと書籍の再販制度 | Main | 「秘伝」を買う »

October 15, 2005

オーラと風邪とビンゲンのヒルデガルト

不覚にも久しぶりに風邪らしい風邪を引いてしまった。寝ていれば治ると軽く考えていたが気管支が腫れて息がしづらくなるに及んで途端に心細くなり病院に行った。医者は聴診器を胸に当てて妙な音がすると首を傾げていたが、レントゲンを撮って結局異常なしということになり抗生物質と鎮咳剤を貰って家に帰った。そのまま何時間か眠ってしまい、ふと目覚めてテレビをつけると「オーラの泉」という番組で美輪明宏の、人恋しいくせに人と暮らせない、というフレーズが夢うつつのままに聞こえたがまるでそれが自分のことを言われたような気がして本当にその通りだと思いながらまた寝てしまった。風邪は一種の解毒作用だという話をどこかで聞いたことがあるが、確かに体は少々辛いが気持ちは不思議と落ち着いて、寝て見る夢も精神があちらの世界というか彼岸に近いところでいつもより自由度が増しているようなのびのびと気持ちがよいものだった。
解毒ついでに、音楽をひとつ。ビンゲンのヒルデガルト(Hildegard von Bingen)といえば医学、薬学、宗教劇作家、作曲者などあらゆる方面に才能を発揮した中世ドイツのキリスト教神秘主義の修道女であり幻視者だが、彼女の音楽を今風というか、今では少々古いかもしれないダンス・リミックス風にアレンジしたのが下のジャケット「Vision: The Music of Hildegard von Bingen」だ。12世紀の宗教音楽をダンスリミックスというのは少々無茶苦茶な試みのようではあるが意外と心地よく聴けるものだ。仕事などで気持ちが煮詰まってくると偶に引っぱり出して聴いたりしている。

Vision: The Music of Hildegard von Bingen


« 「謝恩価格本フェア」開催 バーゲンブックフェアと書籍の再販制度 | Main | 「秘伝」を買う »

音楽」カテゴリの記事

Comments

きになるなー。
今度さがしてみようかと思いました。

てか大丈夫ですか??
風邪は解毒剤。ってなんかわかる気がする。
なんの、罪悪感もなしに心置きなく休めるし。
でもでも魂まで持ってかれないでくらさい。

もう魂持ってかれちゃってますから遅いかも(笑)。おかげさまで随分良くなりました。
このCD、偶々寄ったショップでかかってたんですが、始めはラテン語の祈祷文から始まって朗誦に入ると、シンセのリズムがかぶってくるんです。調べてみるとこの手のCDって結構多いんですね。

もう、持ってかれた後でしたか。
ちょっと遅かったですな。

シンセと祈祷文…。

んー、何の罪悪感もなく休める、というのは当たってますな。休みやすくするために前日に周りにことさら具合の悪さをアピールしたりして、実はみんなしてますよね?! 勤め人の悲しさだー。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーラと風邪とビンゲンのヒルデガルト:

« 「謝恩価格本フェア」開催 バーゲンブックフェアと書籍の再販制度 | Main | 「秘伝」を買う »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!