Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« BUZZ / 『ケンとメリー ~愛と風のように~』 | Main | 喉歌~ホーメイ ユニクロのCM »

October 02, 2005

ヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クェイ

いま、葉山の神奈川県立近代美術館で、チェコのシュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエル(Jan Svankmajer)と妻のエヴァ・シュバンクマイエロヴァの展覧会「シュヴァンクマイエル展」が開催されている。展覧会はオブジェ等の立体作品やシュルレアリストらしくオートマティスムによる絵画などの紹介と並行して「シュヴァンクマイエル映画祭 in HAYAMA」も同時開催される。来年2006年には映画の新作「ルナシー(狂気)(仮題)」が公開予定とのことだ。

ヤン・シュヴァンクマイエル 短編集
ヤン・シュヴァンクマイエル 短編集


シュヴァンクマイエルに初めて出会ったのは、ビデオ「シュヴァンクマイエルの不思議な世界」(99年、ダゲレオ出版)で、いわゆるクレイやパペットアニメーションの手法で表現された旧東欧の魔術的な世界観に打たれたのがきっかけだった。そこには時間の堆積の暗喩とも言うべき闇が色濃くあって、ここからその後、ブラザーズ・クェイ(Brothers Quay)の名作「ストリート・オブ・クロコダイル(The Street of Crocodiles)」(86年)へと観進むのは必然だった。双子のクェイ兄弟は人形アニメーションの映像作家として有名だが、その病的なまでに耽美的な映像は一言でいうのは難しい、が例えばゴシックと言ったとしてもそれだけで言い表せない。彼らにはヤン・シュヴァンクマイエルに関するドキュメンタリー作品もあるようだが、カフカに影響を与えたローベルト・ヴァルサーの原作になる「ベンヤメンタ学院」(The institute Benjamenta, 95年)では、まるでそれまで画面のなかで生を与えられていた人形たちがとうとう人間として登場したかのようだった。しかし、「優秀な執事を養成するための寄宿学校」という設定はその人間を逆に人形として振る舞わせるというクェイの人形への偏愛に根ざした美意識が見て取れる。モノクロームの映像が美しすぎる一編だ。

Quay
「ベンヤメンタ学院」のパンフレットより

The Institute Benjamenta The Brothers Quay Collection: Ten Astonishing Short Films 1984-1993

神奈川県立近代美術館「シュヴァンクマイエル展」  9月10日~11月6日まで開催。


« BUZZ / 『ケンとメリー ~愛と風のように~』 | Main | 喉歌~ホーメイ ユニクロのCM »

CINEMA」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

トラックバックありがとうございます。
ちょっと今はトラバやめてるんですけどね。
展覧会に行ってきたので感想をアップしています。
良かったら見にきてください。
私ももちろんクエイも大好きです。

koroさん、こんばんは。早速拝見しました。今日、行かれたのですね!映画に登場する人形は来年公開の「ルナシー」の予告も併せて是非みてみたいですね。綺麗な貝がらは素敵なおみやげになりましたね。またお気軽にお立ち寄りください:D

お返事ありがとうございます。
そうです。行ってきました。
遠かった!!けど、行って良かったです。
思わず日常を忘れてしまうような、素敵な展覧会で本当にゆっくりしてきました。
何度も出たり入ったりして、受付のお姉さんに「またですか〜?」という感じでにっこり微笑まれるほどでした(笑)

この間のNHK「日曜美術館」でシュバンクマイエルが出ていましたね。展覧会に合わせて来日していたようです。そのなかで、「魔術的なものを排除してしまったら人生は味気ないものになる。」と言っていたのが印象的でした。私もなんとか時間の都合をつけて是非行ってみたいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/6214188

Listed below are links to weblogs that reference ヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クェイ:

» シュヴァンクマイエル。 [thinking]
神奈川県立近代美術館 葉山へ。開催中のシュヴァンクマイエル展GAUDIAへ。 逗子駅からのバスが気持ちいい。天気も良く、ちょっとした小旅行気分で美術館。 ヤン・シュヴァンクマイエルの短編を初めて見たのはロンドンのTate modernだったが、以来その独特の世界に魅せられていた。今回、本格的に彼の作品を見れる機会、ということでワクワクしていたのだが、創作の原点とも言うべきオブジェやペインティング、コラージュが思う存分展示されている。そして、やはりアニメーション。クオリティーの高さ、ストーリーの面白... [Read More]

« BUZZ / 『ケンとメリー ~愛と風のように~』 | Main | 喉歌~ホーメイ ユニクロのCM »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!