Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 十万円で干し梅を買う | Main | 第『46回神田古本まつり』今日から開催  »

October 27, 2005

中央線の呪い

中央線には毎日、亡霊が出る。


夕方、ラッシュ時の始発、東京駅では、やってきた上り電車の人々を一度すべて降ろしてから、あらためて並んで待っている人を乗せる、いわゆる「整列乗車」を行っている。一度ドアを閉め、駅員が全員の降車を確認した後に順序よく乗せるというスタイルだ。これは、ラッシュ時の危険防止と共に、神田、お茶の水といった比較的近い駅からの乗客で乗車距離が長い人々がそれらの駅から空いている上りで座席を確保し、一旦東京へ戻り再び下る、という不正を防ぐ意味があると思うが、この整列乗車が終わる午後7時以降、特に中央特快、通勤特快などでこの「折り返し不正」が目立つ。不正者は電車が到着してもそのまま降りないのだ。その時、整列しているかなりの人間の注視を浴びることになるわけだが、どうも厚顔無恥というのか、まるで平気のようだ。酷いときには、一車両の各コーナーに一人の割合でこの不正者がいることがある。お年寄りが東京駅でさんざん並んだ揚げ句にこの不正者のために座れないことを何度も目撃している。東京駅でも座席を確保するために何本かの電車を見送る人もいるというのになぁ。

確かに乗車距離が長いとそうしたくなる気持ちはわかる。しかし、これは不正なんだけどな。
おそらく、例えば神田からの不正者なら、神田-東京間は定期券、切符を買っていないケースがほとんどだろう。
これは立派な無賃乗車だ。無賃乗車に立派もないもんだが。
先日、たまりかねた(と思う)一人の紳士が不正者にこう言ったのを見た。
「もしもし、終点ですよ!」
さすがだ。それは不正者がそのまま折り返そうと考えているのを分かった上で、終点に気づかない人への親切を装った正義の抗議だった。しかし、その不正者はなんと完全に黙殺した。

もしそうしたいのならば、その間の往復運賃を払って東京駅で一旦降り、改めて並んで乗車すべきなのではない?

細かいようだが、正直に整列している客が馬鹿をみるような行為に対して、JR様は然るべき対策を採るべきと思うのだが。少なくとも中央特快、通勤特快では「オールタイムで整列乗車」を行うようにしてほしいと思う。
しかし、こういう書き込みを無粋というのだろうか。最近、愚痴っぽくなってやだなぁ。

« 十万円で干し梅を買う | Main | 第『46回神田古本まつり』今日から開催  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

azusayumiさん…。
電車のマナーを熱く語る様子はまるで「流星課長  しりあがり寿」のようです。
整列乗車かー、そんなシステムあったんですか。

これからは社会派のクールでカッコイイブログを目指します(ウソ)
といいながら「LL cool J太郎」(by 杉作J太郎)の方向に行ってしまいそう。
流星課長というより盆堀課長(by いましろたかし)が近いかも。

盆掘課長って、あの屁みたいな中年じゃないですか!
ご自分でそんなこといっちゃだめです。
うーー。でも、そういわれればazusayumiさんて…。(アワワワうそです)
でも、中年ならではの情けなさと哀愁が彼の魅力です。
でも中年というよりazusayumiさんは独身時代の山岡さんぽさもあります。
c:美味しんぼ
なんだか謎のやりとり…。でわ〜!

まぁ・・・妙齢のご婦人が、そ、その屁みたいななどというもんじゃありませんのことよ。
盆堀は情けないように見えて実は若いときには見えなかったいろいろなことが見えてしまっているのですよ。それが哀愁をにじませてるってことなんだわ。この感じが分かるというのはやっぱり盆堀に近いかな。
(あの・・・そんな歳じゃないんですけど。)
しかし、いましろを読んでない人にはなんだか分からないやり取りですね。
それでは、よろしく哀愁。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/6108322

Listed below are links to weblogs that reference 中央線の呪い:

« 十万円で干し梅を買う | Main | 第『46回神田古本まつり』今日から開催  »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!