Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『ビックリハウス』 終刊20年 | Main | 中央線の呪い »

October 26, 2005

十万円で干し梅を買う

今日は豪快に買い物をしました。
しかもampmで10万円も・・・


receipt

ちなみにこの干し梅はなかなか美味しくて、最近これがないと仕事が出来ないくらいです。
種なしバージョンもあり。シブ茶にピッタリですね。

(レシートは単に店員がレジを打ち間違えたんですね。小ネタで失礼。)

« 『ビックリハウス』 終刊20年 | Main | 中央線の呪い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ブルブル。これあたしもありましたよ。(店員側目線で)
恐ろしい!
その店員さんも自分で自分がおもしろいと思います。
「すすす、すみません。10マンって打っちゃったけど、おつりは895円です」

azusayumiさんと梅干しってすごいしっくりきますよね。
シブ茶なんてねえ。さらにさらにですよ。
私はチッさいころお茶飲まずにご飯には牛乳でした。
あ、かけるわけじゃないですよ。
ごま塩のごはんと牛乳。妙に合うんです。今度やってみてください。

なるほど、店員からすれば確かに恐ろしいことですね。「釣りは100,792円だろ~っ」とか暴れられたらコワイですしね。そんなことは思いつかなかったなー。

そんなにアタシと干し梅+シブ茶がしっくりきましたですか、つまり・・・遠回しにジジイってこと?!うわー、そう、そうなんですね?!なんて取り乱したりして、わはは(笑)

でもホントこの干し梅は美味しいです。タネありの方がお口で長持ちして仕事がはかどりますよ。

ゴハンに牛乳はドリアとかリゾットを考えれば全然アリです。牛乳粥は良く作るんですが美味しいですよ。

それから牛乳ってアンコに合いますよね。(ドン引き?)

いや!じじくさいなんてそんなことは…。ちょっとあるのかなー?
あわわ、うそです。てか江戸っこな感じがする。
ちょい昔の風情なんかを重んじてそうなところがそんな感じです。うめぼし、渋茶から短絡的なつながりですが。
そっか、ドリアかー、おいしいもんなー。ちっさいころはそんなドリアな感覚で食べてたのかも。じゃあ、ドリアを知ってしまった今、もうごま塩ごはんと牛乳の組み合わせはまずく感じたりするのかもー?

牛乳とあんこは合いますよー。
azusayumiさんにとてもしっくりきてます。
あと肉屋のコロッケ、駄菓子、ライスカレーとか。(時代バラバラだけど懐かしさを感じるもの全般)
カレーライスじゃないですよ!ライスカレーです。

ちょっとはあるんですね?!そ、そうなんですね?!とか取り乱したりして(笑)
でも当たってますね!VIVA!ちょっと古いもの。
駄菓子は好きですよ。コンビニでも目線の低いところ(つまり子供向け)に並んでいる30円菓子をレジの冷たい視線にもめげず買ってます。
世の中にはコーラかけご飯が好きというひともいるそうですからね。
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2005/04/post.html
ライスカレーって給食のカレーを想い出しますね。

ぎゃーーーー!!
みました。ママレードご飯…。醤油たらすってアナタ!
ナシです!ナシ。ごめんなさい、否定させていただきますよ。
ご飯と羊羹って!azusayumiさんてばそんなバカな!
何だか中居正広のブラックバラエティになってきましたな。
そこに投稿したら、今時の小学生(審査員)に全否定されますよ!

あわわ!すみません。なんだか否定しすぎてazusayumiさんがかわいそうになってきた。(``;)
ん〜、赤飯にマヨネーズはアリかな〜?おいしそう〜(1%のやさしさ)。

ままれどごはんは醤油をたらすと、「甘辛あんのみたらし団子」に近くなりますよ~。
でも無理におすすめはしません。
「ままれど止めますか、人間止めますか。」って言うくらいですから。言わないか。
自己責任でVIVA!珍グルメ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/6643861

Listed below are links to weblogs that reference 十万円で干し梅を買う:

« 『ビックリハウス』 終刊20年 | Main | 中央線の呪い »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!