Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« ヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クェイ | Main | 神保町「北沢書店」売場縮小 洋書販売の転機 »

October 03, 2005

喉歌~ホーメイ ユニクロのCM

ユニクロのCMで喉歌をやっているのをみて「口琴」のカテゴリではあるものの倍音関連と言うことでちょっとエントリしてみた。
喉歌、ホーメイは中央アジア、アルタイ地方のトゥバ共和国が有名だが、隣国のモンゴルなどでも同様の歌唱法があって、かつても何度かテレビなどで紹介されたり、CMに使われたことがあったので特に倍音関連に興味のない人でも聴かれたことがあるのではないかと思うが、うなり声のようななかに高い金属音に似た声を同時に発声させる独特の音楽だ。これを聴いているとき、ともすると魂が体から抜け出てしまうことがある。いや正確には、そういう気がしてくる。キリスト教の教会で聴くグレゴリアン・チャントでも同じような気分になることがあるが、その性質は少々異なっているように思う。グレゴリオ聖歌やパレストリーナなどの中世のポリフォニーではイメージで言えば螺旋状に上昇するような気配があるのだが、ホーメイを聴くとその場が持つ振動が明らかに変わってきて魂が分離するような感じなのだ。飽くまで「感じ」なので実際に脱魂する訳ではないが。

倍音というと中央アジア系の民族音楽というイメージだが、例えば複数の僧侶による読経ではやはり強烈な倍音を聴くことが出来る。以前、何度か高野山の宿坊に泊まったことがある。そのなかで青葉祭り、つまり弘法大師の誕生日には早朝4時頃から高野全山の僧侶、学僧、尼僧が集まり法要を行う。その光景は壮観であり荘厳そのものなのだが、その読経は大師教会(いわばホール)に反響して、強烈な金属音に似た倍音の嵐を生んでいた。そのときその場に居合わせた私は自分の魂が上半身から抜け出てしまう錯覚にとらわれて一瞬非常な恐怖を感じた。おそらく睡眠が足りないなかで長時間に渡って注意集中していたためと思われるが、あのまま抜け出たらどんな気分だったのかと思う。その後、比叡山での壇信徒勤行を聴いたときも同様の倍音が出ており、身を任せているととても良い気分だったことを覚えている。

ホーメイに関しては、巻上公一さんや倍音Sのサイトに詳しい。見ているだけで体が振動してくるような楽しいサイトだ。

MAKIGAMI VOCAL WORLD
倍音S


« ヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クェイ | Main | 神保町「北沢書店」売場縮小 洋書販売の転機 »

口琴」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。
前に口琴で食いついてきたSugaです。

なんか、相変わらず、とてつもなく、アンダーでワクワクする内容ばかりで、目移りしながら読んでいます。
知識という部分でも感心しますが、asuさんのご自分なりの見解がとても面白いです。

口琴・喉歌とお経の心地よさに通じる。
ほんとにそうだなぁと思いました。
私、無宗教なんですが、以前無性に般若心経にひかれて、暗記した事がありました。
読経は、大変心地よいです。
民族音楽というのか、たくさんある中で、全般的に特に好きな訳ではないのですが、ぐわんと体内に入ってくるものが時々あって、それらの共通点が倍音。それは、安らぎと言うには甘くて、体とか頭とか支配される感覚に近い。
なんでしょうね。原始的なんですよね。倍音て。
こんなコンピュータ時代なのに、もしかして、そういった太古、人間が自然と一体化してた名残なのかしら。
となんだか、訳のわかんない事を。。。
失礼しました。

sugaさん、こんばんは。やはりお経に倍音を感じておられましたか。民族音楽は西洋音楽が洗練という言葉のなかで振り捨ててきたいろいろな要素を残していますよね。音階にしたって十二音階の間に実は百もあるわけで、倍音や微妙な音階の使い分け、発声の仕方など学校で習ういわゆる音楽の背景にはこういう豊かな世界があるのを教えないのは勿体ないことだと思います。合唱でも時折倍音が聞こえてくることがありますよね。そういうとき、なにか根元的な部分で揺り動かされることってありますね。

>発声の仕方など学校で習ういわゆる音楽の背景にはこういう豊かな世界があるのを教えないのは勿体ないことだと思います。合唱でも時折倍音が聞こえてくることがありますよね。

ほんとに、そうですね。
私も、子供の時に、この世界を知っていればなと思いました。
子供って耳から入ってくる感性と言うか感覚が鋭い所があるから。
子供の頃、猫の鳴き声の真似とか、動物の鳴き声の真似をしていたりするじゃないですか、あれも、倍音になってたりしたんだなと、あとあと気がついたり。
子供の頃やったインディアンの真似も、口筒というのかな、ああいう遊びの中にも倍音が隠れているような気が。。。
子供の時分、心引かれたり、なんとなく面白いなと思っていた音楽ではない「音を出す行為」の中に、倍音て意外と入っているものなんだなぁと。
倍音に出会い、子供の時からの「人生のなぞなぞ」が一つ解けた!という感覚です。

教えられなくても子供は既に知っているんですね~。
最近、しばらくムックリの練習してないんですが、またやってみたくなりましたよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/6239997

Listed below are links to weblogs that reference 喉歌~ホーメイ ユニクロのCM:

» モンゴリアン [maxの頭の中のこと]
皆さんは、「モンゴル」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? ←朝青龍?スーホの [Read More]

« ヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クェイ | Main | 神保町「北沢書店」売場縮小 洋書販売の転機 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!