Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« ミニコミスト! ミニコミカタログ『BOB』 | Main | サンボマスターをもっと聴け! »

September 16, 2005

ミニコミスト! 『愛情通信』14号発行

告知です。お友達のヨンコさん発行のミニコミ「愛情通信」14号が発行されました。
腰痛のリハビリでほのかに芽生えるトレーナーによせる淡い恋心、ラップのm.c.A・Tへの思い入れがいつもの愛情テイスト満載でつづられるフリーペーパーです。m.c.A・Tって何者かは全然知りませんでしたが、ファンなのか、単にからかってもてあそんでいるのか分からなくなるような感覚は、多分若い女性共通のファン心理のスタンスなのだろうと勝手に発見したりして。男性のファンというのは対象を突き放して高みに上げるような感覚だとすれば、女性ファンの心理というのは、対象の「身内化」なんですね。擬似的な家族とか身内として捉えるわけです。これ、なかなか面白いと思うんですが。告知の筈が横道にそれて失礼。号を重ねるに従って文章が洗練されてきてなかなか面白いものになっています。今後も頑張ってずっと継続発行して欲しいですね。
新宿「模索舎」、中野「タコシェ」、高円寺「高円寺文庫センター」、下北沢「ヴィレッジ・バンガード」、池袋「ぽえむぱろうる 」などで入手できるようです。

« ミニコミスト! ミニコミカタログ『BOB』 | Main | サンボマスターをもっと聴け! »

ミニコミ」カテゴリの記事

Comments

いつも紹介していただいてありがとうございます!
たしかにA・Tのことを身内のように思ってるような・・・とんでもない身内です。
池袋ぽえむぱろうるにはまだ配布に行ってないので、配布完了しましたら私のHPの掲示板かニッキで報告します。

超おもしろいです。

勝手なことばかり書いちゃってスミマセン。
今回もすごく面白いですよね。おかげで電車のなかでにやにやしてしまいました。m.c.A・Tって書き方が難しいですよね。真ん中の「・」だけが全角で一気に書けないので、辞書登録しちゃいました(笑)。女性ファン身内説はちょっと無理あったかな、はは。

ノクダさん
よかったらHPやミクシィ覗きにきてください☆

azusayumiさん
「辞書登録」に笑ってしまいました。
「・」のせいで本当に打ちにくいですよね!
私も登録します。初登録。

ちなみに読みは「いろもの」で登録しました。
(通信読んでないと分からないすね)

>ノクダっち、そうだ、ミニコミの作り方はヨンコさんに訊けばいいかも。

ヨンコさん!のHPみました。
あまりの好奇心と見たさに動悸が止まりません。
このまま死ぬんでしょうか?
死んでも本望。でも見れずじまい。
気になるけど、長野だとやはりタコシェの通販で、
取り寄せるしかないんでしょうかね。
azusayumi さんのレクチャーを受け、さっそく「ボブ」と「自分でやる!」
を取り寄せてみました。。
到着が楽しみですー。

>このまま死ぬんでしょうか?
多分大丈夫と思うんだけど早く見たほうがいいかも(笑)
もう取り寄せたんですか。すごい行動力!
責任重大ですね、あまりお金遣わんようにね;D
「自分でやる!」はタダなんやね。
読んだことないのでどんなんか後で教えてな!ほな。

azusayumi はん。
オラにお金無いのわかるんですか??
教えますともー。
ていうかこんな時間まで仕事してていつ受け取れるのやら
不安。
例のAZUSAの君想いラブソングを読みました。
ええ、会社で。
感想はともかく、なんか物を作るってことは大変ですな。

ノクダさん、こんなに遅くまでお仕事とは大変ですね。お疲れさまです。つい関西弁になっちゃって・・・神保町から発信するblogなのに変ですよね(笑) 自分が勧めたものでお金を使わせることになってなにか申し訳ないような気がしたものですから、つい。気にせんといてくださいね、あら、また関西ことばが。

ところで、
>AZUSAの君想いラブソング
ってなんでしょう?マンガすか??

・・・思いだしました。君思い・・・
例の白泉社系瞳キラキラ作品ですね。会社で読んだんですか。やっぱりお世辞の一つも言った訳ですよね、大人だもんね。間違っても「ケッ」とか言ってないですよね。心配(笑)

超おくればせながら返信。
白線社というより、彼女はりぼん!です。
でもけっこうもうデビュー間際で、絵はうまい。(好みはおいといて)
その場で反応できなかったです。
なんで感想は手紙でしたためました。
ヨンコさんのフリペみました!
腹がよじれましたよ。
ここで再び話題をかっさらってるATはホンモノですよね。
ヨンコさんってどんな方なんだろう。。すごすぎる。

ノクダさん、デビュー近いということはプロじゃないですか。それはそれでスゴイですね。手紙ってノスタルジックでいいですね。手紙、もう何年も書いてないなぁ。
ヨンコさんのフリペ、面白いですよね。私はこれがきっかけで一人で作るフリペ、ミニコミという不可思議なものに開眼してしまったのでした。ギリギリのセンスと継続するってことがポイントですよね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5984338

Listed below are links to weblogs that reference ミニコミスト! 『愛情通信』14号発行:

« ミニコミスト! ミニコミカタログ『BOB』 | Main | サンボマスターをもっと聴け! »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!