Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『ザ・スライドショー9』 / ロックンロールスライダーズ | Main | 本を借りる。 »

September 11, 2005

センチメンタルジャーニー in 阿佐ヶ谷

One day in Asagaya, Tokyo #10

久しぶりに阿佐ヶ谷を歩きました。


« 『ザ・スライドショー9』 / ロックンロールスライダーズ | Main | 本を借りる。 »

写真」カテゴリの記事

Comments

azusayumiさんへ
先日は感傷的な阿佐ヶ谷思い出話にお付き合いいただき、ありがとうございました。土曜日、ついにセンチメンタルジャーニーをなさったのですね。写真拝見しました。との建物も下足番さんに縁があったところでしょうか。風雪に耐えて残っている建物はあまたの人々、出来事の記憶を刻み、去っていった人々を今でも待ち続けているように見えます。

元阿佐ヶ谷住人 さん、こちらこそ。お話は本当はもっと伺ってみたい気がします。そういえばポルナレフは私の家にもレコードがありました。これは姉が買ったものですが、その姉もフランスに留学しその後何年か居住していましたから、住人さんとはもしかしたら話が合うかもしれませんね。多分、失礼ながらお歳も近い筈。ということは私もそう違わないということになりますでしょうか。
この間は丁度中野に用事があったものですから思い立って降りてみたんです。
組写真の最初の一枚は、以前「茶居花」があったところにいま建っているビルです。
実は余りにも久しぶりだったので、昔茶居花のあった所が隣のビルとこのビルのどちらだったか、降りてみると分からなくなってしまいまして、このビル一階のタバコ店のご主人に聞いてみたところ、まさにそのビルが茶居花の跡だったことが分かったという次第。タバコ店のご主人は店番をしながら気持ちよさそうに眠ってらしたのですが、起こして悪かったかなと思いつつ、私が茶居花と口に出すや嬉しそうにここがそうだよ、と教えてくれました。
2枚目の写真は、その茶居花の向かいの洋菓子店ですが、この古さから、多分当時から変わっていないのではないでしょうか。
他の写真はパールセンターから、私が学生の頃よく行った芝居小屋アルス・ノーヴァまでを撮ったものです。ここまで朽ちてもまだそのままに存在していたことに驚愕、時間が一気に戻された気がしました。まさにタイムスリップです。
この二階にランボオというバーがあって、当時三田の学生だった私は、いつも大学まで行き着けずに、新宿あたりで引っかかり、夜には時折ここで酒を飲んでいました。もう20年以上前のことです。驚くことにランボオが今もまだあって目を疑いましたが、既にマスターが店を畳んでいることは知っていましたので、多分、誰かが昔を偲んで復活させたようです。
住人さんからこのきっかけを頂かなかったら、こんな気分は味わえなかったでしょう。本当にありがとう。

はじめまして、こんにちは。

すごく前の記事にコメントしてしまうこと…失礼いたします><。。

何気な~く『茶居花』を検索していて行き着きました。
私、娘なんです(笑)
父は故郷で今は、酒屋を営んでいますよ~♪
いつでもどこでも自営業です…笑

茶居花の椅子、私が東京で一人暮らしをしている家に①脚持ってきました。
すごい落ち着きます。
フト考えたら、もう30年くらい前の年代ものの椅子なんだな~と。
もしかしたら、元阿佐ヶ谷住人さんも座ったことのある椅子かもしれませんね★

ちょっと懐かしくって、コメントしてしまいました。。

あやさん、コメント有難うございます。
娘さんでいらっしゃる!もう吃驚です。お父様、お元気で何よりです。といっても小生は一介の客だったのですが。以前コメントを頂いた元阿佐ヶ谷住人さんはいま読んでおられるでしょうか。茶居花、私にとってはくすぐったくなる様な響きです。個人的な思い出に過ぎないとはいえ今思うとあぁ、あの時は若かったなと思います。懐かしいです。いまも茶居花という言葉で検索されて来られる方が少なくないのですが、それぞれに思い出があるんでしょうね。

先日偶々仕事関係の人と話していてその方がパールセンターの近くに生まれ育ったことが分かって、茶居花をよく覚えているという話をしたばかりなのでこの奇遇に驚いています。

その椅子は貴重ですね~。私も座ったことがあるかも。是非大事になさってください:)

そうなんですね~
『茶居花』と検索してくださる方、今でもいらっしゃるんですね。
とっても嬉しいですね♪

ワタシも幼い頃の記憶なので、正直お店の記憶はありません。。
※今思うと、とてもザンネンなのですが。。。
でもこうやって、誰かの心に残るようなお店であったことが分かり、ちょっと父親が誇らしくなりますね(笑)

こちらのブログを拝見し、私も誰かの心に残るような仕事ができたらな~なんて思いました。

GWに帰省するので、父親にもこんなブログがあったと話してみようと思います。
またおじゃまさせていただきます☆
素敵なブログ、楽しみにしております♪

そうなんですよ、そういう風に検索してくる人が今でも時折おられます。それにしても元阿佐ヶ谷住人さんがご覧になっていると良いのですが。
帰省、お気をつけて、また遊びに来てください:)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5880581

Listed below are links to weblogs that reference センチメンタルジャーニー in 阿佐ヶ谷:

« 『ザ・スライドショー9』 / ロックンロールスライダーズ | Main | 本を借りる。 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!