Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« また買ってしまいそうな「水中、それは苦しい」 | Main | センチメンタルジャーニー in 阿佐ヶ谷 »

September 10, 2005

『ザ・スライドショー9』 / ロックンロールスライダーズ

今日、みうら+せいこう+スライ(スライド機)のロックンロールスライダーズ「ザ・スライドショー9 みうらさん、第二期かよ!」が中野サンプラザで開催される。前回のスライドショーから3年振りだ。行きたい。でも行けない。なぜならいま気が付いたから。チケットはかなり前から売り切れになっているらしい。しかたないので諦めて、DVD化を待つしかないですね。

以前、TSUTAYAのポイントを貯めて買った「ザ・スライドショー7」は今、友達の輪を旅してもう2年にもなる。いま誰が持っているのか分からなくなっているが、おそらく全然知らない人達を啓蒙し続けているのだろう。そういえば、ミニコミを発行しているコアなみうらファンのひとから、わざわざハワイまでスライドショーを見に行ったという話を聞いたことがあったが、そこまでしたくなる気持ちは分かるなぁ。

B00006HBIRザ・スライドショー コンプリートボックス
みうらじゅん&いとうせいこう

ザ・スライドショー 4 ザ・スライドショー 8 in HAWAII 公認ブートレグ盤付き みうらじゅんの勝手にJAPAN TOUR2003 -TOUR FINAL Special Version- みうらじゅん・いとうせいこうのTV見仏記 みうらじゅんの青春ノイローゼでショー

by G-Tools

■月球儀通信 関連記事
 編集会議2002年6月別冊 『みうらじゅん全一巻』
 第7回 『みうらじゅん賞』発表

■公式サイト
 RS SITE ロックンロールスライダーズ


« また買ってしまいそうな「水中、それは苦しい」 | Main | センチメンタルジャーニー in 阿佐ヶ谷 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

う!みうらじゅん…!最近になってやっと
この人(いとうせいこう並び)のありがたみがわかってきました。
昔はあー、こういう人いるよね。なんてな
冷めた考えを持ったナオンでしたが、
今なら、一緒にプロムなどで踊ってほしいです。
らいzoo師も一曲いかが?

今日、中野に行ったのですが、サンプラザ前にすごい人波が。こんなにロックンロールスライダーズに行くんだ、いいなぁと思いましたが、よく見ると選挙演説だったのでした。あぁ、今日行ったひとがうらやましい・・・
みうらの有り難みはジワジワと来ますよね~。
プロムも多分踊ってくれますよ、と無責任な自分にツッコミ如来。

らいzooはん←これもやや恥ずかしいかな?
えっとじゃ、羞恥プレイで!

みうらの列じゃなくて選挙演説でしたか〜。ガクン↓
選挙よりみうらです。みうらを感じて次世代を占った方が
きっと楽しい日本になりますよね。(かたよりすぎ)

うっかりニアミスでチケット取り忘れたりするのって、
さらに会場の前を通りすがるのって、
悲しすぎる。らいzooはんの気持ちを考えると泣きそうです。
めそめそ

「ツッコミ如来」は気に入ったので、ほとぼり冷めたあたりで
いずれ頂くことにします。(`く`)*

らいZOOはん、OKです。まぁ、気がついたのが当日なので全然無理なんですけどね。みうらに出馬して貰うというのはグッドアイデアですね。街中に「いやげ物」とか「甘えた坊主」とかがあふれ返ったりしてね。対立候補は鳥肌実しかないですね。でも鳥肌が総裁になったら消費税80%で老人派兵ですからね。
えーと、ツッコミ如来はみうらが作った、えーかげんにしなさい!とツッコミむ金ぴかの如来像です。上のDVDリストに出てますよ。部屋に是非置きたいグッズですね。


鳥肌実はぜったい嫌ですね。
ヒピーなみうらじゅんとの戦いも見てみたいには見てみたいけど、
この戦いニュースで放送できるんだろーか。
アオい戦いになりそう。

今日の選挙みうらじゅん(無所属)って書いたりしてね。
いやはやいつかあふれかえる日を待ちます。

>アオい戦いになりそう。
てのが、ちょっとウケました。azu。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5870535

Listed below are links to weblogs that reference 『ザ・スライドショー9』 / ロックンロールスライダーズ:

» ザ・スライドショー9 [ポメラニアンズ・オフィシャルブログ「ポメンバーが行く!」]
先日行ってきました。せいこう先生の部活動! スペシャコラムや方々に書きましたが、ほんと楽しかったです。 やっぱせいこうさんの突っ込みはさえてるね! みうらじゅんさんとせいこうさんのコンビが一番好きだな。 MJと山田五郎もどんどんディープになってくのが素敵! MJと安斎肇も安斎さんが痛々しくて素敵! でもやっぱMJとSIが一番POPだと俺は思う。 詳しい感想は火曜日のスペシャ携帯コラムでどうぞ☆ アクセスはd@sstv.jpまで空メールを送信、 戻ってきたURLにアクセス! 写真は会場で... [Read More]

« また買ってしまいそうな「水中、それは苦しい」 | Main | センチメンタルジャーニー in 阿佐ヶ谷 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!