Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 山川直人 / 『口笛小曲集』 | Main | 秋は観覧車に乗って »

August 30, 2005

ヨン様に道をふさがれる~有楽町の狂騒とラーメン

今日は丸の内に用事があって東京国際フォーラムの前を通ったのだが・・・
異常な人垣で道がふさがれ先に進めないほどだった。比較的年齢層が高い女性、まぁ一言でおばさんといってしまえばそういう方たちの群れ、群れ、群れ。なんだこれは?
近くにいた人に訊くとどうも映画のプロモーションで来日中のペ・ヨンジュンの舞台挨拶があったらしい。
つまりこの人垣は、楽屋から出てくるぺ氏の乗った車を一目見ようとして待つ、フォーラム周辺の歩道を埋め尽くすファンの群れなのだった。それにしても異常だ。これじゃ道が通れないじゃない!
こちらはラーメンを食べたくて急いでるのにどうしてくれよう。

一方、隣国韓国では今日、日本統治時代の親日人物3090人を政府が認定し、親日行為真相究明法などという法律を制定して裁こうという事態になっている、らしい。こんなに日本のおばさまたちをトリコジカケにして60年後位に親日行為などとヨン様が糾弾されないかオジサンはすごく心配だ。いや、一握りとはいえ一部の日本人をアホ化骨抜きにした功績で心配は無用かもしれないが。実際はマスコミが騒ぐ程のことはないらしい。

なんだかよくわからないが、とにかく、ラーメンが早く食べたかった訳で。

forum
信号が赤にもかかわらず、警官の制止を振り切り
公然と信号無視するファン。えーと、道路交通法違反ですよ。
撮影時、隣のファンの方に体当たりされブレる。

« 山川直人 / 『口笛小曲集』 | Main | 秋は観覧車に乗って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

いや、いいんじゃないですか。

というのは、斜陽国になりつつあるのではという不安が日々強くなっていくような日本では、追い越される不快感とあせりがナショナリズムに収斂していってるような気がしてるからです。

そんな中、代償作用のようにご婦人方の韓流ブームが起きたことは、歓迎すべきことだと思うからです。

自動調整機構みたいで、いいじゃないですか。

私としてはラーメンが食べられればすべてオッケーなんですよ(笑)。単なる趣味の問題ですからね。ナショナリズムのお話は私には難しくて良く分からないのです。

たしかにそうですね(笑
ふと思い出したけど、韓国冷麺のあのつるつるした、噛み切れない感じって、なんか苦手。
不思議な感触ですね。

関西では冷やし中華のことを冷麺っていいません?最初とまどいました。韓国冷麺って食べたことないのですが、何故か盛岡の名物になっているらしいですね。

> 関西では冷やし中華のことを冷麺っていいません?

むかしはよく聞いた気がします。
でも、今は冷やし中華と言うのが、関西でもがふつうなのかもしれませんね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5712988

Listed below are links to weblogs that reference ヨン様に道をふさがれる~有楽町の狂騒とラーメン:

» ヨン様ソニック'05 [デミーズ球団のブログ]
なるほどロッテ。ヨン様が日本に~千葉マリンで始球式というウワサ。 ヨン様ファン+ロッテファン+タイガースファン。もしそうなるとマリンスタジアムや海浜幕張駅の明日は。こないだの有楽町の様子から想像すると。 tsuneto0 ? ドラム式洗濯乾燥機・8kg ??... [Read More]

« 山川直人 / 『口笛小曲集』 | Main | 秋は観覧車に乗って »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!