« ケツメイシって・・・だったのですね | Main | 吉田拓郎 / かぐや姫 『コンサート イン つま恋 1975』 »

July 25, 2005

【訃報】 杉浦日向子さん逝去

漫画家であり江戸風俗研究家でもある作家の杉浦日向子さんが亡くなったという。
「合葬」や「百物語」、「百日紅」などは今も小生の書棚の一隅にあって漫画というより浮世絵の洒脱が独特な線とリズムによく現れていて好きな作家の一人だった。NHKの番組「お江戸でござる」では、江戸時代の風物をこれ以上ないようなうれしさで語っていたのが印象的な着物の似合う人だった。確か一時期作家の荒俣宏と結婚していたのではなかったか。そういえば小生が旅に出るときに選ぶ一冊には電車のなかで軽く読める杉浦の江戸物が多かった。とにかく好きで楽しくて仕方がないという感じが伝わってきて、つかの間、読者も江戸時代にスリップしてしまうのだ。あらためて調べてみると著作数の多さにも驚く。
しかし46歳とは若すぎる。ご冥福をお祈りします。

杉浦日向子(Wikipedia)
杉浦日向子の著作(amazon.co.jpの検索結果)

« ケツメイシって・・・だったのですね | Main | 吉田拓郎 / かぐや姫 『コンサート イン つま恋 1975』 »

マンガ・劇画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

「ソバ屋で憩う」を買いに行こうと思っているところです。
合掌。

ソ連=ソバ好き連ですね。

「もっとソバ屋で憩う」を買ってきました。
自己紹介の ”東京生まれ。ソバ屋で昼酒を堪能し銭湯へ通う。三十路半ばから、日夜、向上心のない隠居道にいそしむ。座右の銘は「楽」。(略)” というのがいいですね。
重ねて合掌。

いいですねぇ、向上心のない隠居道にいそしむ、というのは。小生、既に向上心のなさは実践しておりますが。

杉浦日向子に服喪すべく、「もっとソバ屋で憩う」に載ってた京都西陣の「かね井」に行ってきました。
ざるの値段は本よりも100円上がってました。
京町屋を改造して営業してるのですが、若いご主人はいが栗頭に作務衣姿、奥さんは文学少女のような眼鏡でした。クーラーはなくて扇風機が2台。
ソバの出汁はもっと辛いほうが好きかも。
車だったのでビールなど避けましたが、向かいに座った女の子は冷酒にごま豆腐、焼き味噌からはじめていて、ぼくらが帰るときにざるを注文していました。
神田まつやか藪で食べたくなりました。。

京都のそば屋とはまた風情がありそうでいいですね。
連雀町の藪で天ぷらを肴に少々いい気分になってから、竹むらで甘味などは最高に贅沢ですね。冬は向かいのいせ源でアンコウ鍋なども捨てがたいです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5151877

Listed below are links to weblogs that reference 【訃報】 杉浦日向子さん逝去:

« ケツメイシって・・・だったのですね | Main | 吉田拓郎 / かぐや姫 『コンサート イン つま恋 1975』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!