Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« ゆかたの着付がいまひとつなのです | Main | 【訃報】 杉浦日向子さん逝去 »

July 25, 2005

ケツメイシって・・・だったのですね

ケツメイシって、

和漢薬のエビスグサ、漢名で決明の種子、決明子のことだったんですね。
たまたまそっち関係の本を読んでいて、決明子の下りで同じ名前だなーと思ってもしやとネットで調べたら、本当にそうだったのでちょっと意表を突かれた訳で。
既に誰もが知っている話で何を今さらというファンの声も聞こえてくるような気もする訳で。
そもそもケツメイシの曲が好きだという訳でもなくて。
それ以前にケツメイシの曲自体を余り知らない訳で。
そういう駅で。
訳と駅って似てるなと思った訳で。 以上。


ケツノポリス4

« ゆかたの着付がいまひとつなのです | Main | 【訃報】 杉浦日向子さん逝去 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

そうなんですか。ケツメイシの名はそこから取っているのですか。
70年代末~80年代初頭のディスコ・チューンを再現するような曲を出していますね。
過ぎ去った四半世紀には愕然とするばかりで、若い人がその頃の楽調の曲をやってるのを見るとめまいがします。
サニーデイ・サービスの「東京」を聴いてみましたが、やはり30年近く前の楽調ですね。
くらくらします。

やっぱり時代は回帰するのでしょうか。ケツメイシの音楽ってあまり知らないのですが、80年代初頭というのは私の学生時代で本来ならピンポイントなんです。でもその頃から60-70年代を羨望しながら後ろ向きに過ごしてきた私だったので、「東京」というとマイ・ペース??とかハズしてしまいそうです。サニーデイ・サービス、調べたら「はっぴいえんどへの強烈なオマージュ」などというテキストをwebで見つけて俄然聴きたくなって来ました。今度捜してみますね。

サニーデイ・サービスの「東京」については、なんでこんなの急に聴いてるの、めずらしいなと女房に不思議がられましたが、流行の音作りじゃないところで、東京という都市をどういうふうにことばにしてるのかというあたりに興味を持ったんです。ピチカート・ファイブの「東京は夜の7時」のような世界とはまったくちがう、東京の読み方が書かれてるように思って、買ってみました。
元サニーデイの曽我部恵一は、ちょうど下北沢北口の道路開発に反対してるようで、彼の事務所は、かつてぼくが住んだ下宿の向かいじゃないかと思われるし、
よけい興味が出たんですが。

うーん、ますます聴きたくなってきましたね。
TSUTAYAで借りてみよ:)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/5133442

Listed below are links to weblogs that reference ケツメイシって・・・だったのですね:

« ゆかたの着付がいまひとつなのです | Main | 【訃報】 杉浦日向子さん逝去 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!