« 沢渡朔 / 『ナディア』 | Main | ムックリの糸が切れてしまったのです »

June 27, 2005

第7回 『みうらじゅん賞』発表

以前雑誌「宝島」で企画されていたみうらじゅん賞が6年振りに発表されたようだ。
1996年の第1回では今では既にカルト化した映画「シベリア超特急」と「北京原人」が栄誉の受賞。98年にはソラミミスト安斎肇、99年には「にゃんまげ」とジョージ・ルーカス他が受賞。にゃんまげとルーカス・・・しかし凄い組み合わせだ。共通項はもちろん、みうらじゅんだ。

今回、第7回の受賞者は、

熊田曜子  
井筒和幸
猫ひろし
リリー・フランキー
峯田和伸
ジャガー
リチャード・ギア  の各氏。

をを、猫ひろしがっ。この月球儀通信でも以前、社を挙げて応援していたが、最近めざましく活躍されてきたのでそっと身を引いたのだが(笑)。やっぱりみうらじゅんはちゃんと押さえるところは押さえている。授賞のコメントは「…今あげとかないと!」だ。はは。ほか銀杏BOYZの峯田和伸は映画「アイデン&ティティ」の主演で。猫ひろし、銀杏BOYZと続けば、やはり次回は是非とも「水中、それは苦しい」のジョニー大蔵大臣に受賞させてあげて欲しい。
そういえば今日、高円寺で「ジョニーナイト」をやっていて、以前から気になっていた、犬の着ぐるみに足踏みオルガンの歌手「JON(犬)」が出演するので是非とも行きたかったが、急な入稿で叶わず返す返すも残念だ。
ジャガーは、ミニコミ「愛情通信」の愛読者なら知っていて当たり前の千葉が誇るロックシンガーだ。ちなみに出身地は「ジャガー星」、活動拠点は「千葉県」だ。やっぱりみうらじゅんは分かっているよなぁ。
しばらくブランクがあったが、今後も授賞を続けて欲しい。しかしリチャード・ギアにも賞状とトロフィーを渡すのだろうか?!

« 沢渡朔 / 『ナディア』 | Main | ムックリの糸が切れてしまったのです »

音楽」カテゴリの記事

Comments

この前ハロージャガーって千葉テレビのジャガーの5分番組スペシャル(何分か長い)があったらしいです。
地味に活躍してるみたいですね、ジャガーは。

>ジャガーは、ミニコミ「愛情通信」の愛読者なら知っていて当たり前
愛情通信のしかも6号(ジャガーの号)、そしてそれを覚えてる人なんてかなり少数ですって!

ローカルなスターって各地にいますよね。ジャガーもその一人なんでしょうね。5分のスペシャル番組なんてスゴイ。「地味に活躍」って結構難しそう。

いやいや、結構覚えているものですよ。全集買ったひとなら最近読んでるので記憶に新しいのでは!? さすが、目の付けどころがみうらじゅんしてますね~。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/4726745

Listed below are links to weblogs that reference 第7回 『みうらじゅん賞』発表:

« 沢渡朔 / 『ナディア』 | Main | ムックリの糸が切れてしまったのです »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!