Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 小倉優子と安田美沙子の区別がつかない | Main | 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー »

May 06, 2005

是枝裕和 『誰も知らない』

是枝裕和の監督第4作。「ワンダフル・ライフ」でもその静かなヒューマニズムともいうべき視点に心動かされていたが、この作品でもそのスタンスは変わらない。「西巣鴨子供置き去り事件」という実際に起きた信じられないような事件をベースにしているにもかかわらず、淡々としたドキュメンタリーの手法を意識しつつ暖かい視線で描くバランス感覚が秀逸だ。このセンスはまさしく是枝監督の持ち味なのだろう。作品解説によると撮影に1年をかけたらしい。実際にも映画のなかでも成長してゆく子供たちの演技は素晴らしく自然だ。この演技を引き出すのは容易なことではない。それぞれの性格設定もしっかり描写されていて、自分たちを見捨てた母親でさえも心の中では頼らざるを得ない心情が痛々しい。この子供たちは異父兄弟でありながら助け合い寄り添って生きてゆく。児童相談所の保護も離ればなれになるのを厭うがため拒絶するほどだ。子供を捨てて男のもとに行く母親、決して離れまいとする家族=コミュニティとしての子供たち。この対比が次第に立ち上って来る。これは現代の都市生活のディスコミュニケーションに対する痛烈な暗喩ではなかろうか。

なぜこういう事情になったのか。この理由を映画ではあまり語っていない。「西巣鴨子供置き去り事件」とは88年に起こった実際の事件だ。この詳細は別の資料に譲るとして、その背景には母親の無知と社会の無関心とがある。つまりこの子供も、そして実は当の母親も同時にこの無関心という「都市の魔」に魅入られてしまったということだ。実際の事件は信じがたいほどに凄惨なものだ。

柳楽君のカンヌ受賞で話題となったが、私としては女子中学生役の韓英恵に注目したい。久々に心奪われる作品に出会ったと思える佳作だ。

誰も知らない 公式サイト
+Monsters+ 「西巣鴨子供置き去り事件」に詳しい MURDER IN THE FAMILYの項参照
DVD 誰も知らない(amazon.co.jp)

« 小倉優子と安田美沙子の区別がつかない | Main | 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー »

CINEMA」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
「つっきーの徒然草」から参りました、つっきーと申します。
トラックバック、ありがとうございました。

私もこの映画を観て、女子中学生役を演じた韓英恵さんに注目しました。
ふとした出来事から4人兄弟に関わっていく彼女の演技はみずみずしくて、どこかはかなげでとても印象に残りました。

これからもよろしくお願いします。

>つっきーさん、はじめまして。というより以前から良く貴サイトにおじゃましていましたので、はじめましてという気がしないのです。いつも楽しく読ませていただいてます:)
韓英恵、良い演技ですよね!清順の「ピストルオペラ」に出ていたのは気づきませんでしたが、劇中、彼女の家庭も問題を抱えていて、そのさみしさや影をよく表現していたと思います。今後の活躍が楽しみです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/4007702

Listed below are links to weblogs that reference 是枝裕和 『誰も知らない』:

» 誰も知らない [イヌとスローライフ]
見ました!『誰も知らない』今の日本を象徴している映画だと思います。豊かな時代にいるに関わらず、実はちゃんとした補償がない…。近所の人間は見てみぬフリをしているし、頼りとなるはずの警察には相談できない…。父親が違う4人の兄弟と母の5人家族。家を追い出されないために、父が海外赴任で母と息子ひとりの二人暮らしと偽って、他の三人は遊びたいざかりをガマンして家の中でコッソリ過ごします。ただ、それが可愛�... [Read More]

» 誰も知らない [impression]
まずはこの是枝裕和監督の感性は素晴らしい♪ ほぼドキュメンタリーに近い作り方なので、入らない音楽など無い。 だから反って現実感が作品に漂う。 皆が周知の様にカンヌで主演男優賞を頂いたのは、単に主演の男の子だけでなく、子供達4人に対してだなと言う気がした。 長男の言葉一言... [Read More]

» 映画: 誰も知らない [Pocket Warmer]
邦題:誰も知らない 英題:Nobody Knows 監督:是枝裕和 出演:柳楽優 [Read More]

» 誰も知らない [つっきーの徒然草]
去年のカンヌ映画祭の一番のサプライズは『誰も知らない』の柳楽優弥くんが14歳という史上最年少で最優秀男優賞を獲得したことでしょう。 その優弥くんがどんな演技をし [Read More]

» 誰も知らない [distan日誌]
柳楽優弥は、確かに圧倒的な存在感。まあカンヌで、ああなっても不思議はないと思いました。柳楽クンだけではありません。子供たちは、どの子も、みんな素晴らしかったです。「演技」をしているのではなくて、画面の中で、実に自然にふるまっています。もちろん台本はあるのでしょうが、暗記した台詞を口にしているのではないような気が……。ドキュメンタリーの制作手法で、「場面を切り取っている」のでは、ないでしょうか。監督�... [Read More]

» 誰も知らない [think aloud::blog]
見たのはもう一ヶ月半以上前になる。何か書こうと思うのだけれど、うまく言い表せない。見終わったあと、頭の芯がしばらくしびれてなかなか言葉にできなかった。初めての経験だった。こうして書いていても一体何を書いて良いのやら。 「誰も知らない」は、実際にあった、子供置き去り事件を元に作られている。父親の違う長男、長女、次男、次女の四人兄弟。母親が一人で育てている。ある日母親は「仕事で出張するから」と言い残してそれきり帰ってこなくなってしまう。子供だけの生活が始まる。 子供だけの生活は過酷だ。だが画面からは、こ... [Read More]

» 『誰も知らない』 [きょうの子牛]
『誰も知らない』(2004年 日本) 監督:是枝裕和 出演:柳楽優弥/YOU他 受賞:カンヌ国際映画祭 男優賞受賞/ブルーリボン賞作品賞・監督賞受賞 (5/5 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/})←主演の柳楽優弥に カンヌ映画祭で長男役の柳楽優弥が日本人初となる男優賞をカンヌ史上最年少で受賞で話題に。1988年実際に起きた事件をモチーフにした映画。 映画なのにドキュメンタリーのような映像が印象的。柳楽君が撮影途中で声変わりしたそ�... [Read More]

« 小倉優子と安田美沙子の区別がつかない | Main | 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!