Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー | Main | 「いらっしゃいませ、こんにちは」という奇妙な言葉 »

May 08, 2005

『探偵ナイトスクープ』と『銭形金太郎』

京都支局から神保町に戻って数年、何かが欠落していると感じていたが、それは東京では「探偵ナイトスクープ」を放映していないことだった・・・。いや、たしか一時期テレビ朝日で日曜昼に、はたまた深夜、それも午前2時頃に時間枠をジプシーの如く移動しながら細々とやっていたが、何故か定着せずにどこかへ消えてしまった。最近東京に転勤してきた友人の奥さん(共に大阪育ち)がやはり「探偵ナイトスクープ」を見られないことがストレスとなり、夫婦喧嘩のタネになっているらしい。これはノロケ話と受け取るべきだろうか?!。しかし奥さんには激しく同感だ。視聴率も深夜枠にもかかわらず異常な高さらしい。それはそうだろう。だって面白いんだもの。あぁ、久しぶりに桂小枝の声が聞きたくなってきた。

例えばこのような視聴者参加番組を関東で捜すと、いやおそらくゴールデン枠へ進出してからは全国ネットになった「銭形金太郎」がそれに当たるかも知れない。だが、これを見ていて東京と関西では明らかに異なることが浮かび上がってきた。

「探偵ナイトスクープ」は視聴者の依頼を受けてタレントが探偵となり調査するというスタイルだ。その依頼内容のセンスからして毎回面白いのだが、この申し込みがWikipediaによると毎週200~300通もあるという。番組のネタを視聴者から募るというこのスタイルは視聴者参加番組としては当たり前だが、これも当然ながら依頼がないと成り立たない。しかし、おそらく「銭形金太郎」では番組の主役であるビンボーさん自体が探せていないのではないかと思う。というのも最近、そのビンボーさんがほとんど芸能関係で占められているからだ。役者、漫才師、マジシャンのタマゴたちがほとんどで、つまり単なる楽屋落ちなのだ。これは一般視聴者からのネタがないことを図らずも示してしまっている。おそらく見つからないために身近なところで済ませているのだろう。これでは面白みも半減だ。

先の東京と大阪の違いとは、つまり視聴者のノリの違いだ。「探偵~」で記憶に残る「大阪だけの常識やん」(2002年2月放送)での小ネタ「指をピストル形にして撃つマネをすると、相手は死んでくれる。」では梅田の駅前で通行人を捕まえて試すと、ほとんどの人が死んだフリをする(笑)というこの関西ノリがないとこの手の番組は成り立たない。試しに大阪で「銭金」を制作してみれば分かる。死ぬほどネタが出て来るだろう(キッパリ)。

調べてみるとなんと関東でも今年4月からテレビ神奈川で放映していることが分かった(毎週木曜夜8時より)。奥さんにも報せてあげようっと。

朝日放送 「探偵ナイトスクープ」
Wikipedia 「探偵ナイトスクープ」
関連本「探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子」(amazon.co.jp)

« 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー | Main | 「いらっしゃいませ、こんにちは」という奇妙な言葉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、モダチョキと申します。
東京では探偵ナイトは評判にはならないようですよね。
結構面白いと思うのですが。
それにしても、この番組が原因で喧嘩が起こるとは、すごいですね。(笑)
依頼の数はそうとうあるんですね。
どんな小さな依頼でも取り上げてもらえる可能性があるのが人気の秘訣でしょうか。

>モダチョキさん、はじめまして。東京ではなかなか定着しないみたいですね。出演タレントの東京での知名度が今ひとつだからでしょうか。こんなに面白いのに勿体ないです:)
その同僚の家ではテレビ神奈川が見られないことがあとで分かったので喧嘩は止みそうにありません(笑)。
お名前はモダンチョキチョキズからですか。懐かしい!映画「血と骨」ではなかなかいい味をだしてましたね。>濱田マリ

青森在住人。
こちらは深夜1:15分から・・・テレ朝の「朝まで生放送」等がなければ「ナイトスクープ」が見られます。
勿論リアル放送ではなく、2週から3週遅れで放送されてます。
大阪にいる妹に馬鹿にされながら見ています。
勿論、週に一度の楽しみです。
関西大好き人間としては、あの番組は欠かせません。
30代の女性を前にピンクレディーの曲を流すと必ず踊り出す。爆笑です。
桜の木を残してくれた企業の話し。
見たこともない生物を探し出してくれる。
はたまた「これを食うか?」に応えてくれる西川婿。
人情もありとても大好きな番組です。
見られなくなるとストレスになるのは当然かもしれません。
1:15分からでもやってくれる青森朝日放送に感謝です。
探偵ナイトを知らない東京都民が少し可愛そうだ・・・・・・
私は番組が続く限り見続けると思える唯一の番組と思える。
無くなる事は絶対に無いと信じたい・・・・

こんばんは、探偵ナイトは青森でも放送してるんですか、こうなったら日本全国探偵ナイト情報を集めてみたい気分です。いやー本当に羨ましい限りです。この番組は企画力+関西ノリの相乗効果というか、とにかく面白いですよね。探偵達の人柄も大きいのではないかと思います。でもしばらく見られていないんです・・・ストレス溜まっちゃいます。
なんで東京では定着しないんだろうと不思議なのですが、ネタは関西だけではないのでそれほど関西ローカルな感じもないのにと思うんですが。
署名運動でもしようかといま思いました(笑)
ピンクレディーで踊り出す、というのは見てみたかった!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/4020037

Listed below are links to weblogs that reference 『探偵ナイトスクープ』と『銭形金太郎』:

« 『季刊 d/SIGN No,10』 森山大道インタビュー | Main | 「いらっしゃいませ、こんにちは」という奇妙な言葉 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!