« pinholeとtoy | Main | Flickr / プロアカウントを頂く »

April 24, 2005

そうだ、落語、行こう。

「『笑点』をみて笑っているような東京モンの話は信用でけへんな。」以前、当通信社京都支局に勤めていた頃、大阪育ちの同僚と話していると、決まって最後にこう締めくくるのがお約束だった。ここに入れば別世界その言い方が可笑しくていまでも思い出すと笑ってしまうのだが、昨日、ふと思いついて落語が聴きたくなり新宿末廣亭に行ってみた。
神保町から都営新宿線で新宿三丁目下車。いつも前を素通りする見慣れた風景も入ってみると別世界だ。末廣亭は中央が椅子席で、その左右に畳敷きの桟敷席がある。お茶と煎餅を買って桟敷に座り、場内を見渡すとレトロな雰囲気が心地よい。
今月の下席は落語協会の出演だったが落語芸術協会とは10日毎に交互の興業となっている。金曜日ということもあって八割方の入りだった。驚いたのは独りで聴きに来ている20代の若い人が予想外に多かったことだ。しかも番組表に演目を書き込んでいたりして皆かなりの落語通のようだ。30年前の小学生の頃、親に連れていってもらった上野の鈴本演芸場でも出演していた扇橋がでていたのも感慨深い。円丈も久しぶりにみた。こんな身近に伝統話芸の深さを生で堪能できる場所があろうとは今まで何故気づかなかったのだろう。お笑いのライブに行くことはあっても落語を見落としていた。なんという不覚。脱力と癒しの場として本当におすすめだ。末廣亭は中に入るだけで価値がある。また深みにはまってしまいそうだ。

« pinholeとtoy | Main | Flickr / プロアカウントを頂く »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そうだ、落語、行こう。:

« pinholeとtoy | Main | Flickr / プロアカウントを頂く »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!