Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 『座頭市』に肩まで浸かってみる | Main | Untitled 9 Nov. 2004 »

November 08, 2004

『trumpi / トルンピ アントン・ブリューヒンの口琴新世界』

trumpi.jpg口琴映画、というジャンルがあるのかどうか分からないが、これはスイスの口琴演奏家ブリューヒンが、手に隠れるほどの小さくてプリミティブな楽器=口琴を手に地元のスイスからロシアのサハ共和国、そして東京を旅するドキュメンタリ・ロード・ムービーだ。まず最初のシーンでいきなりに理解不能なマシンが現れる。ペットボトルのオモリ(?)で回るまるで点滴のスタンドのような機械。後のシーンで出てくる口琴の響きを増幅・共鳴させる紙管、連続して口琴のリードを振動させる電気機械。これはまるでスイスの明和電機?それにしてはその思索的な風貌が音の求道者を思わせる。口琴は民族楽器というイメージだったが、そのアプローチのあり方はまさしくノイズミュージックの流れに繋がっているようだ。ヘンな機械を黙々と扱うブリューヒンは音のアルケミストか。ただ、演奏中に複数の口琴を切り替えつつ同時演奏するために2,3個の口琴を木片とネジでつなぐ方法は直ぐに使えそうなナイスアイデアだ。
しかし、サハの風光は魅力的だ。ホムスを作る鍛冶のシーン、伝統音楽のレッスンを受ける少女などのシーンは映像として興味深い。シベリアの夏、素朴な人々の口にはいつも口琴が鳴っている。
この映画は旅人ブリューヒンを中心に、一切の説明、字幕を排してただひたすらに淡々と旅のシーンをまるでスナップショットのように映し続ける。観ている私がまるでその旅に同行しているような心地よい錯覚にとらわれる不思議な映像詩だ。ほか巻上公一、直川礼緒。1999年/スイス/70分。(DVD)

« 『座頭市』に肩まで浸かってみる | Main | Untitled 9 Nov. 2004 »

CINEMA」カテゴリの記事

口琴」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/1891776

Listed below are links to weblogs that reference 『trumpi / トルンピ アントン・ブリューヒンの口琴新世界』:

« 『座頭市』に肩まで浸かってみる | Main | Untitled 9 Nov. 2004 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!