« 遠藤哲夫/『汁かけめし快食學』(ちくま文庫) | Main | 『trumpi / トルンピ アントン・ブリューヒンの口琴新世界』 »

November 07, 2004

『座頭市』に肩まで浸かってみる

以前、北野武の「座頭市」についてエントリを書いたが、言うまでもなくオリジナルは大映の勝新太郎主演になるシリーズだ。原作は子母沢寛の「座頭市物語」という小編で、「飯岡の助五郎」という作品にも登場する。共に短編だが、映画の脚本はこれをオリジナルとして膨らませ、映画として当たるとその後多くの脚本が書かれた。
映画「座頭市物語」の前身となる1960年の「不知火檢校」から、「続座頭市物語」、「新座頭市物語」と続編が作られるなかで63年、64年には各々年に4作づつも制作発表されるなど大映のドル箱となった。この頻度には驚かされる。平均して3ヶ月に1編づつ新作が発表されたことになる訳だ。それから13年後の73年までに25作が発表された。
「不知火檢校」でのピカレスクぶりには圧倒されるが、その後、ヒーローとなり人口に膾炙されるにつれ、市の行動には観客に感情移入されやすい「義」が与えられてゆく。何を考えているか分からなかった不気味さも、後の作品では恋もすれば、幼子の情愛に涙するようにもなってくる。この変容がこれから見どころとなりうるかも知れない。
ということで、まだ観始めたばかりなのだが、全26作に「不知火檢校」の1作を加えた27作(北野版は加えず。)を観終えるたびに右サイドバーのリストにチェックしてゆくという酔狂を始めた。

« 遠藤哲夫/『汁かけめし快食學』(ちくま文庫) | Main | 『trumpi / トルンピ アントン・ブリューヒンの口琴新世界』 »

CINEMA」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/1887937

Listed below are links to weblogs that reference 『座頭市』に肩まで浸かってみる:

« 遠藤哲夫/『汁かけめし快食學』(ちくま文庫) | Main | 『trumpi / トルンピ アントン・ブリューヒンの口琴新世界』 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!