Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« PHSを機種変更する / AirH" Phone 通称『京ぽん』 | Main | 書店の棚 / 青山ブックセンター営業再開 »

August 22, 2004

高梨豊 / 『東京人1978-1983』

第34回日本写真協会年度賞を受賞した「東京人1978-1983」は83年に書肆山田より刊行された。高梨は68年に中平卓馬、森山大道らとともに季刊「PROVOKE」に参加し、日本におけるコンテンポラリーフォト、いわゆる「コンポラ写真」の牽引者の一人となった。tokyo_jin.jpg74年に処女作品集「都市へ」を刊行したが、そのなかに83年刊行の同書の前身となる冊子「東京人」を同梱している。少々わかりにくいが、実は66年にカメラ毎日誌上で既に「東京人」を連載し、その結実したものが写真集「都市へ」に纏められた訳だ。だから83年刊行の「東京人」は正確には「東京人1978-1983」と題されたいわば続編なのである。tokyo-jin_obi.jpg
この写真集は装丁が特殊である。クラフト紙の函から出すと実は左右両側に2分冊となっており、それらはちょうど対になるように配置されている。頁は左右がお互いに1頁づつ交互に重ねられていて、観る者は1頁づつ両側にめくってゆくことになる。すると同時に3葉の写真を一度に観る格好になる。頁をめくれば1葉の写真を残したまま次の2葉が現れるのだ。この「動的な組写真」ともいうべき見せ方は、既存の概念を突き崩すPROVOKE同人らしい挑発に溢れている。
wareratakanashi0054.JPGしかし、写真は静謐で知的だ。前作で当時の高度経済成長で次第に無機質化していった都市の風貌が、80年代に入ると無機質は高度に定着してまるで人を排除するかのようだ。おそらく都市には思想というものがない。単に生物的な自律をもって隅々まで無言に増殖するだけなのだ。これは66年の「東京人」と並べて同時に観るべきものだと思う。

高梨はこの作品を撮る際に、「イメージの狩人」と「スクラップの拾い屋」という異なった二人の存在が自分の内にあったという。狩人は「もう東京は捉えた、この作品は打ち上げにしよう」とささやくが、次の日東京の路上に立つと新たなゴミが目の前に現れ、もう一人の自分たる「拾い屋」が<アッ! あそこにイメージがちらかってる>(高梨豊「われらの獲物は一滴の光」蒼洋社、S62=写真右)とささやくというのである。かくして厖大なカットが写され続けることとなる。このために編集作業に非常な時間を費やしたとあるが、これは「東京人」がその後発表される高梨の写真の根元に常に通じていることを象徴するかのようなエピソードだ。

« PHSを機種変更する / AirH" Phone 通称『京ぽん』 | Main | 書店の棚 / 青山ブックセンター営業再開 »

写真」カテゴリの記事

古書・神保町」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/1248320

Listed below are links to weblogs that reference 高梨豊 / 『東京人1978-1983』:

« PHSを機種変更する / AirH" Phone 通称『京ぽん』 | Main | 書店の棚 / 青山ブックセンター営業再開 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!