« June 2004 | Main | August 2004 »

1 post from July 2004

July 31, 2004

L・フォン・トリアー / 『ドッグヴィル』 あるいは「アメリカ」への悪意

【ご注意:ネタバレしております。】トリアーの作品をみたのは「エピデミック」、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」につづきこれで4作目。かなり寓話性の強い作品ばかりだ。「ダンサー~」は話題となったが、60年代のアメリカンミュージカルをシニカルにパロディとした後味の悪い作品だった。ビョークの壊れそうな声ばかりがしばらく耳についた。当時の宣伝で試写会を終えた観客が泣いているシーンを再三にわたって放映していたが、あの涙は当時からズレているようにしか見えなかったがどうだろうか。最後のシーンが単にショックで泣いたのならまだ分かるが、貧困や可哀想な境遇に共感して泣くのだとすればズレまくりだ。ケレンをケレンと充分認識した上でしかける挑発の意図をこそ考えるべきなのだ。このデンマーク人はどうもアメリカ的なものをかなり嫌っているようだ。この「ドックヴィル」もアンチハリウッドの気配が濃厚で、人を喰ったような演出を臆面もなくぶつける監督の赤い舌が見えるかのようだ。
セットは最低限の調度と地面に引いた白線のみ。舞台演劇に近い演出と言えなくもない。ニコール・キッドマン扮するグレースはギャングに追われ村人に匿われる。しかしその善意と思われた行為も次第に村人の独善的な欲望を満たす代償の要求へと変貌してゆく。ただしなぜグレースが追われていたのかは最後まで明かされない。物語の終結に至るまでの不条理の集積は観客のストレスを巧妙に膨らませ、最後の反撃=カタルシスへと誘導してゆく。これは「奇跡の海」あるいは「ダンサー~」の主人公の復讐といえなくもない。

ローレン・バコールの今をみられるのは貴重だ。もう80を越えているのではないだろうか。2003年、177分■

« June 2004 | Main | August 2004 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!