Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« June 2004 | Main | August 2004 »

1 post from July 2004

July 31, 2004

L・フォン・トリアー / 『ドッグヴィル』 あるいは「アメリカ」への悪意

【ご注意:ネタバレしております。】トリアーの作品をみたのは「エピデミック」、「奇跡の海」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」につづきこれで4作目。かなり寓話性の強い作品ばかりだ。「ダンサー~」は話題となったが、60年代のアメリカンミュージカルをシニカルにパロディとした後味の悪い作品だった。ビョークの壊れそうな声ばかりがしばらく耳についた。当時の宣伝で試写会を終えた観客が泣いているシーンを再三にわたって放映していたが、あの涙は当時からズレているようにしか見えなかったがどうだろうか。最後のシーンが単にショックで泣いたのならまだ分かるが、貧困や可哀想な境遇に共感して泣くのだとすればズレまくりだ。ケレンをケレンと充分認識した上でしかける挑発の意図をこそ考えるべきなのだ。このデンマーク人はどうもアメリカ的なものをかなり嫌っているようだ。この「ドックヴィル」もアンチハリウッドの気配が濃厚で、人を喰ったような演出を臆面もなくぶつける監督の赤い舌が見えるかのようだ。
セットは最低限の調度と地面に引いた白線のみ。舞台演劇に近い演出と言えなくもない。ニコール・キッドマン扮するグレースはギャングに追われ村人に匿われる。しかしその善意と思われた行為も次第に村人の独善的な欲望を満たす代償の要求へと変貌してゆく。ただしなぜグレースが追われていたのかは最後まで明かされない。物語の終結に至るまでの不条理の集積は観客のストレスを巧妙に膨らませ、最後の反撃=カタルシスへと誘導してゆく。これは「奇跡の海」あるいは「ダンサー~」の主人公の復讐といえなくもない。

ローレン・バコールの今をみられるのは貴重だ。もう80を越えているのではないだろうか。2003年、177分■

« June 2004 | Main | August 2004 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!