Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« April 2004 | Main | June 2004 »

8 posts from May 2004

May 29, 2004

『遠野物語』 / 森山大道

森山に関しては既にあまりにも語られ過ぎていて、今さら敢えてなにも言う気がしない。しかし森山の登場は日本の写真シーンを考える上でもっとも重要な「事件」だったのであり、当時大量のエピゴーネンを生み出した。そしてそれは驚くことにいまだに続いている。tonosonorama.jpg
69年に創刊されわずか4回の発行で終了した雑誌「PRVOKE」は写真を巡る先鋭的な批評でその名の通り写真界を挑発した。もともと少部数だったため、これが古書市場に出れば高値がつくことだろう。最近、といっても何年か前に復刊されたような記憶があるが、ここ数年の森山再評価、というより森山ブームでいま次々と復刊や全集の刊行が行われている。この「遠野物語」も全集に収載されているようだ。

「遠野物語」は71年に朝日ソノラマより「現代カメラ新書」シリーズの1冊として刊行された。このシリーズは基本的には写真技法書なのだが、荒木経惟の「写真への旅」と並んで異色のラインナップとなっている。「森山大道語りおろし」と副題にあるように、前半は写真、後半が森山の独白の2部構成だ。そのなかで森山は、

ジグソーパズルってのがありますね。つまりハメ絵です。微細な部分にこだわることによって、全体像にアプローチしようという、きわめてペシミスティックなゲームです。僕は、あの感じが、僕と写真との感じに似ていて好きなわけです。(森山大道「遠野物語」朝日ソノラマ 1971 p.165-166)

と語っている。

これはまさしく森山の写真の本質をついているような気がしてならない。乱暴だが、例えば拡散する写真と凝集する写真があるとすれば、森山の写真は後者だろうと思う。彼の写真はディテールが凝集しているのだ。街の壁に貼られたポスターをそのまま複写したようなモチーフは彼の写真の随所にみられるが、それは単なる複写ではなく、部分としてのポスターに街の全体性を凝集させているということなのだろうか。それにしても写されたモノや風景はまるで呪物のようだ。
ちなみに、カバー見返しの著者紹介欄での名前の読みは「だいどう」ではなく、「ひろみち」となっている。■

【追記】
2007年4月、光文社より文庫版にて復刊された。
遠野物語

■関連エントリ
- 月球儀通信 : 森山大道『遠野物語』 光文社文庫より復刊
http://azusayumi.tea-nifty.com/fragment/2007/04/post_39bb.html

May 28, 2004

不屈のダイエッター

グレープフルーツの香りでヤセる、という試みは失敗に終わった…ここに結果を告白します。健康診断は不本意な結果に…。去年より増えていました。何でだ?!クソー、今度は一念発起して(最初からしろよ)、アトキンスダイエットに挑戦。これは高タンパク低炭水化物の食事に切り替えてヤセるというもの。アメリカで流行っていると中国系アメリカ人のジェニーねえさんも言っていた。ただし極端に炭水化物を摂らない食事とは実は非常にキケンなのだ。だから短期決戦、継続は出来ない。とにかく5日間限定でお米、麺類、パンなどの炭水化物を排除。動物性の低脂肪タンパク質、つまり鶏のササミ、ツナ缶(ノンオイル)、おでんなどの練り物と野菜はおなか一杯食べる。同時にサプリメントでビタミン補給。ジェニーねえさんによると、提唱者のアトキンス博士は若くしてなくなったらしい。体に悪いのか?! じゃすすめるなよジェニー!。でも背に腹はかえられない、いや背と腹が重たい。朝からヤキトリとサラダでマイナス5キロを目指して頑張ります。■

May 16, 2004

ETV特集 『フォークであること』 / 映画『タカダワタル的』

NHK教育のETV特集「フォークであること」はいつもの時間枠を拡大して放送された。高田渡と高石ともやの2人にクローズアップして60年代当時の映像を交えながら現在を追ったドキュメンタリーだ。高田渡は滅多にテレビで観ることができないうえに若き日の映像まで観られたのはうれしかった。さらに高田がライブ中に寝てしまう貴重きわまりない場面まであり、番組を見ながらビデオ録画をしていないことを悔やんだ。

60年代当時、高石が売れ始めた頃の演奏中、突然舞台壇上に駆け上がった学生に商業主義と自己批判を迫られる映像も貴重だ。その学生と高石のやり取りを聞くと、当時のものの言い方、自己主張の仕方が現在とは歴然と異なっているのがよく分かる。学生運動の資料などは山ほど残されており研究もなされているが、いくらそれをなぞってもこの映像が語るものには及ばない。60年代=政治的季節とも言うべき時代の映像をもっと見たいものだ。その時代を肌身で感じられる映像が見たい。

しかし、高田の「自衛隊に入ろう」についてはその経緯をナレーションで説明はしたが、やはりNHKさん、どうしても歌は流さなかったですね。かたくなだね。まぁ、高田本人が封印しているというのだから放送は出来ないのだろうけれど。この辺りは、森達也「放送禁止歌」に詳しい。

映画「タカダワタル的」 テアトル新宿でレイトショー上映中です。■

高田渡/五つの赤い風船
高田渡・五つの赤い風船 高田渡

エイベックス イオ 2002-09-11
売り上げランキング : 1,644
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
放送禁止歌
森 達也

知恵の森 2003-06-06
売り上げランキング : 6,783
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

May 12, 2004

「恋のダウンタウン」がとまらない

なぜか一日中、ひとつの曲が頭を離れない時がある。朝起きた時からもう既にワンコーラス始まっていると、一日中その歌がもうイヤというほど頭の中を反復したりする。どういう加減だか分からないが、そういうときってありませんか?
端からみるといつもの通りヤル気なさそうにしている仕事中も、そのとき実は頭のなかでそのフレーズが反復している。無意識に声にまで出している自分に驚きながら、これは尿モレと共通するものがあるな、この場合は脳モレ?? などと考えながらエクセルの循環参照を直したりしている。平和だな。

昨日は何故だか全く分からないのだが、ペトゥラ・クラークの「恋のダウンタウン」が朝から頭のなかで反響し続けて一日中歌い通しだった。
どちらかというとウキウキした曲なのだが、頭から消えないのはちょっとツラかったりする。
題名で分からなくてもおそらく聞けばほとんどの人が知っていると思うが、そうですね、例えば万引きで世界的に有名なウィノナ・ライダーが映画「17歳のカルテ」でアンジェリーナ・ジョリーと思春期病棟の廊下でギター片手に歌う、あのロリポップでガーリーな歌、といえば思い当たるかも知れない。

こういう時の歌は明るければ明るいほど、調子が良ければ良いほどイライラしたりして。

以前、銭形平次のテーマがまるで拷問のように頭から消えないときは死にそうになった。アホですね・・・
いつか訊いてみたいことのひとつに、量販店などのテーマソングを一日中聞かなければならない店員のかたはつらくないのかどうか、ということがある。 失礼な質問かも知れず恐縮です。

Downtown: Best of Petula Clark
Downtown: Best of Petula Clark

May 09, 2004

カリンバを買う

神保町すずらん通りの文房堂1F小物売場でアフリカの民族楽器カリンバを買った。といっても小さいものでペンダントにするように共鳴板上部に穴が開いている。本当にアフリカで作られたものかどうかは分からないが、もちろん本格的なものではなく、たぶんおみやげもののようなものだろう。karimba.jpg待ち合わせで時間が少し空いたそのスキマについ衝動買いしてしまった。その後スマトラでカレーを食べて喫茶古瀬戸に流れ、ダベリながら(死語)2時間ほどもずっと鳴らしていたが、最初の数分で響かせるコツをつかめば、あとはとにかく気分の赴くままにかき鳴らすと、何故か音楽のかたちになるような気配もあって気分が和む。というか、もう和みまくり!これ楽しいよ!すでにアンビエントになってるよ。

もとより民族楽器だから音階は平均律など関係ない世界。このおみやげ品はとても音階を意識して作ったようにもみえないし。にわかカリンバ奏者はコーヒーを飲みながらインプロヴィゼーションで演奏。しかし単純なフレーズの反復というものはダウナー系の瞑想を誘うものですね。

帰ってから調べるとこのカリンバを平均律に調律したものも売られているようだ。なんか簡単な曲なら弾けそうな感じで、ちょっと欲しくなってきた。

しかしぶっとい指・・・じゃなくてカリンバが小さいんだよ!■

May 08, 2004

フリーペーパー・個人ミニ雑誌が面白い

最近なんだか典型的な週末bloggerになってしまった感がある。この週末なんとかっていうのはいかにも俸給人リーマン臭くていやな言い回しだ。いやどこにいても携帯電話からの記事投稿、いわゆるmoblogが出来るわけだが、歳のせいか携帯で文字を打つと親指がツって、指を立てたまましばし元に戻らず、電車の中などでは意に反して知らないおじさんに「GOO!」サインなどやってしまいそうで怖い。

全然脈絡がないのだが、フリーペーパーが面白い。といっても商業誌や飲み屋のチケットマガジンなどではなく個人ベースのミニマガジンだ。ライブハウスやクラブなどの入り口に置かれることが多い。

最近面白かったのは、カドヤサチエさんという人が発行する「大遅刻」という3cmx4cmほどの小冊子。コラムに笑った。それから、愛情さんという方が発行の「愛情通信」というフリペも既に12号発行されている。この12号の特集は「文通相手募集・痴虫・おなら」だ。このくだらなさ加減をもてあそぶ発行人のセンスはなかなか秀逸だ。思わずバックナンバーを注文したくなったぐらいだ。お二人とも女性ということが分かるだけでどんな方なのかは存じませんが。

個人の情報発信という意味ではwebsiteが今や簡単で主流だとは思うが、そのなかで敢えてミニ雑誌を作るというのは逆に新鮮だ。昔はこれが主流だったのに。小さいとはいえ、ちゃんと面付して印刷しカット、製本して雑誌の体裁になっているのがいい。おそらく発行者がこれを作る作業はさぞ楽しいことだろう。私も手伝いたい位だ。
まだまだ他にもありそうだが、websiteとは異なり簡単に見つからないのが良さかも知れない。

May 03, 2004

ドキュメンタリー / 映画『HARUKO』

5月1日、東中野の「ポレポレ東中野」にてドキュメンタリー映画「HARUKO」の初日上映に行った。ポレポレ座の前身「BOX東中野」の時代からここは仕事帰りのレイトショーに丁度よいためよく寄る映画小屋である。
porepore.jpg
実は、この日は20時から始まる車谷長吉原作の「赤目四十八瀧心中未遂」を観ようとして出かけたのだが、その前に予定していた野暮用が予想に反して早く終わってしまい、日本におけるサブカルの総本山、と勝手に私が思っている中野ブロードウェイ内のタコシェなどで時間をつぶしてはみたもののそれも限度あり、急遽、この「HARUKO」へ予定を変更したのだ。だから、この映画の事前知識はゼロだった。

しかし、これは結果的に大当たりだった。

この映画は在日1世として日本という異国で逞しく生きる金本春子の半生を記録したドキュメンタリーである。ヤミ商売での逮捕歴37回にして7人の子供を産み育てた野草のように逞しい母親。女を作って家庭を顧みない無責任な夫に苦しめられ、娘の一人は当時地上楽園といわれたプロパガンダに乗せられ北へ行ったまま連絡がつかない。一家離散という境遇に遭いながらもこの国に根を張り生きてきた春子は今年87歳。今でもエネルギッシュだ。

息子は総連のカメラマンとしての仕事の傍ら母親を記録し続けていた。新宿の二幸(現アルタ)裏での闇取引、逮捕連行、警視庁の入り口で母親の釈放を待つ子供らなどに向けフィルムを回し続けた映像がこの作品の鍵となっている。しかしこの映像の存在自体が驚きだ。

映画のフライヤーにあるとおり、これは在日家庭の特殊な話ではなく母親と家族の普遍的な物語であり、それがこの背景にありきたりなモチーフであることを拒んでいて感動をもたらすようだ。これを撮ったドキュメンタリストは明らかにそういう視線でこの作品を編んでいる。ともすれば重い内容も、誰もが思い当たる家族のありよう、関係性の滑稽で悲しく暖かいものを感じて客席から何度も笑いが起こったのは、この視点が成功しているからだろう。

春子は来日した12歳の時に海女をやっていた。いまその海に同じ境遇の友達を訪ねるシーンがある。突然海に入りたいという母親。息子、娘に両腕を支えられながらゆるゆると海に浸かる映像が印象的だった。いつの間にか自分の家族を重ね合わせて胸がつまった。

なお、この作品はフジテレビの番組「ザノンフィクション」でテレビ放映されたものを、その後の反響の大きさから再編集、拡大したものだそうである。ナレーションは原田芳雄。81分。この回は初日で監督野澤和之の舞台挨拶があった。

ちょっとポレポレの写真が大きすぎたかな。

May 01, 2004

13年前の雑誌を揃える~オンライン古書検索

13年ほど前に創刊され4年半ほどで終巻となった某雑誌が昨日やっと揃いました。祝い!>自分。
全23巻。これを揃えるのに5年もかかったので喜びもひとしおです。当時は一般書店で買えるような雑誌だったのですが、今はここ神保町でもなかなか出ず、日本中を探し回った5年間でした。といっても古書サイトの検索を利用してでしたので、全国の古書店をお遍路したわけではありません。部屋に居ながらにして探し、それでも5年、長かった・・・。
昨日鹿児島の古書店から取り寄せてゴール!札幌から鹿児島までまさに日本中から掻き集めたという感じ。

不思議なもので、出ないとずっと出ないのですが、1冊出ると何故か続けてでるのです。やはりツキの波、バイオリズムのようなものがあるのでしょうか。今回もつい2週間ほど前に4冊出て、最後の1冊が昨日出たのです。この5冊の前は1年ほどブランクがありました。

近所の古書店主某氏の話では、このオンライン検索のための入力に学生のバイトを専門に雇ってもネットでの流通が期待出来るので持ち出しにはならないとのこと。見るとバイトさんは一心不乱に入力しています。

お世話になった古書サイトを紹介してみます。便利になったもんですねー。

日本の古本屋」 東京都古書籍組合が運営
インターネット古書店案内 紫式部」 古書の検索エンジン スーパー源氏で超有名
Old Book Mark」 古本屋散策の栞 独特な検索です。
Book Town KANDA」 神田古書店連盟 検索あり


また、全国の大学、学校、公共図書館などの横断検索が出来るサイト、
Jcrossにはいつもお世話になってます。ここで得られた情報で、いままで諦めていたかなりの本に出会えました。
横断検索とは、検索キーワードの入力ひとつで、北は稚内から南は沖縄まで、200以上の図書館の蔵書を一気に検索してゆくという、いわば絨毯爆撃、非常に強力な検索ができます。検索の過程が見えるのですが、まさしく壮観です。みつかったら、近所の公共図書館に相談すると、時間はかかりますが取り寄せてくれる場合もあります。

今日はちょっとうれしくて思わず書き込みしてしまいました。

« April 2004 | Main | June 2004 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!