« 土門拳賞作家 『鬼海弘雄』 補遺 | Main | 『写真装置』誌 »

April 11, 2004

ロイヤルティーフリー人物画像

雑事にかまけてMovable Typeへの移行が遅々として進まず、とりあえず6月までを目標としてはいるものの、借りたレンタルサーバは今のところ遊んでいて実に勿体ない話である。しかし初志貫徹、完了すればこのblogは現在のプラスからベーシックに戻してMTと並行する形を取りたいが、テーマを重複させるのはあまり意味のないことでもあり、写真、映画(とはいってもまだまだ書き込みは足りないが)はココログに担当させて、MTの方は多少の関連はあるにせよ別のテーマを設定する方針だ。この方向性、コンテンツの色が明確になったところでstartしたい。しかし、その内容をつらつら考えるのは楽しいものだ。ちょうど幼稚園児がお絵描きの時間に色とりどりのクレヨンを選んでいるようなものだ。おまけに昨日はお昼寝の時間もあったりして。

そこで、漫然とWEBを歩き回りながらMTで使う素材をさがしているのだが、自分の写真を使うのはもちろんとしても肖像権とかほかのややこしい関係があって、使いたい人物スナップは如何に自分の写真とはいえ簡単に使用できない。ややこしいとはつまり自分のものを使うのだから著作権は問題ないが、人物となるとたとえ写された本人の承諾を取ったとしてもアップされた知人の顔との関係性というものがいろいろなことを勝手に語ってしまうものだからである。それでロイヤルティーフリーの画像ということになる。

しかし、おそらく同じ理由からか、私設のフリー素材サイトも人物写真となると圧倒的に少ない。たとえあっても、二次加工ができないなどの制約があるか、最初からフィルタ加工してあって私には使えないものばかりである。私の場合、二次加工どころか原型をとどめないほどまで、とまでは行かないものの加工が前提だからである。モデルが気に入らないということも大きい。

やはりこうなれば有料の素材を使うしかないか、ということで昨日は新宿の量販店で探したが、これもイメージにかなうものは少なかった。ただ、値段は少し高いが1社の製品でなかなかよいものが見つかった。WEBでCD-ROMの内容がすべて確認できるので買って後悔することもなさそうだ。これらはサイトでも1枚から買えるようだ。(ただしバラの1枚単価は割高。)仕事柄、こういった画像はストックフォト会社から年契で買ってはいるが、法人相手では恐ろしく高い。しかも契約期間が過ぎれば使用不可となる時限契約であるから、個人では無理だ。

ただ、使う使わないは別として、素材サイトを経巡るのは意外に楽しいことが分かった。
いくつかのサイトはブックマークしてたまに訪れようと思う。

« 土門拳賞作家 『鬼海弘雄』 補遺 | Main | 『写真装置』誌 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/424254

Listed below are links to weblogs that reference ロイヤルティーフリー人物画像:

« 土門拳賞作家 『鬼海弘雄』 補遺 | Main | 『写真装置』誌 »

NAVIGATION

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!