Flickr


  • www.flickr.com

exhibition

« 和服が流行っているらしい | Main | フレバリーティ 『さくらんぼ』 »

March 18, 2004

『シモンのシモン』『人形作家』 / 四谷シモン 

写真家、細江英公が「ある私風景」と題した写真の被写体が四谷シモンだった。いま、その細部を思い出すことができないのだが、私が見たのは確か玄光社の写真技法書で作例として掲載されていたものだと思う。エコール・ド・シモンの年譜によると作品は71年となっている。

娼婦のような憂愁を纏ったシモンが古い家のまえでうなだれている。広角レンズのパースペクティブが鮮烈なモノクロームに定着されていた。グラビア印刷でもクオリティの高さが分かるほどだったから、おそらくアーカイバル処理されたオリジナルプリントは恐ろしく美しいだろうと想像した。

その当時、私はその後すぐに辞めることになる会社員という名の丁稚奉公一年生だったが、出勤の際、その日が銀座の青木画廊で行われていた個展の最終日だったことを思い出し、あまり悩みもせずにその日を「休み」にした、と確かに記憶していたと思ったのだが、年譜では83年以降、青木画廊での個展の記載がない。会社員として勤め始めたのは85年だったから矛盾しているのである。では私が行った個展はいつだったのか。

ようやく私が見たのは83年に「解剖学の少年」とタイトルされた個展だったことが判明してきた。どうも休みにしたのは大学の授業だったらしい・・・記憶が錯綜しています。

青木画廊では四谷本人があたかも展示の人形が並んでいるように椅子に足を組んで座っていたのが印象的だった。それまで写真でしか見ていなかった彼の人形を眼の当たりにして、彫刻と人形とは全く異なるベクトルの芸術であることを知った。
製法や素材を知りたくて、彼の人形を置く代官山のアンティークドール店の店員に訊くと「あぁ、シモンさんのは張り子でしょう。」と教えてくれた記憶がある。

その後近所の本屋でエッセイ集「シモンのシモン」(イザラ書房、75年)を注文し、到着を心待ちにしたりした。80年当時注文して入手したのは75年の初版だった。いま、手元に眺めながらこれを書いている。

その約20年後に半自伝「人形作家」(講談社新書,02年)が刊行され、以前から知りたいと思っていた様々な疑問や背景が鮮明になってきた。これを頭に入れて大島渚「新宿泥棒日記」を観ると60~70年代にトリップできる、ような気がする。いまでは伝説となった、天井桟敷と状況劇場の乱闘事件を当事者からみたエピソードなどは、70年代フリークには眼の毒だ。(これは69年だが)

中野タコシェで買った雑誌「ヒッティ」の四谷シモン特集が最近の収穫。
四谷の弟で写真家の渡辺兼人については、別の機会に是非感想を書いてみたい。

« 和服が流行っているらしい | Main | フレバリーティ 『さくらんぼ』 »

古書・神保町」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21097/316348

Listed below are links to weblogs that reference 『シモンのシモン』『人形作家』 / 四谷シモン :

« 和服が流行っているらしい | Main | フレバリーティ 『さくらんぼ』 »

NAVIGATION

GALLERY


  • Gangs of Kabukicho.
    渡辺克巳

    097154803X
    新潮社フォトミュゼの「新宿」が絶版となっているなかで最近刊行された渡辺克巳の最新写真集。洋書。



    先般亡くなった路上の写真家、渡辺克巳の写真集。インサイダーとして夜の新宿を流した彼の生の証はその写された人々と共に永く記憶されるべき。


    ジャパン
    倉田 精二
    4106024330
    渡辺克巳とくれば倉田精二を挙げずにはいられない。日本のウィージーと言われたストリートフォトの神髄。都市の殺伐と虚像をこれほど表現した写真はない。

    にっぽん劇場写真帖
    寺山 修司・森山大道
    4106024187
    寺山と森山のコラボレーションは「あゝ、荒野」以前にもこの作品で既に成就していた。68年刊のこの作品は強烈なコントラストとイメージで時代を色濃く表現している。腰巻きの惹句「奇才ふたりが火花を散らすイメージ地獄巡り」も凄いが、天井桟敷率いる寺山へぶつける森山の渾身の「返歌」が熱い。中平卓馬がカメラを構える有名なショットもあり。これを見ずに森山は語れない。


    奈良原の写真は既に絶版になった朝日新聞社の「昭和写真全仕事」を所有しているが、トラピスト修道院に取材した「沈黙の国」「人間の土地」「消滅した時間」などパースを駆使した知的で静謐な写真は独特の美。「無国籍地」は廃墟をモチーフにした写真集。その圧倒的な画面の構成美を。

    Cui Cui
    川内 倫子
    4902943026
    川内の作品は柔らかい光と深度の浅いクローズアップなどを多用して日常の「合い間」を独特の色調で表現している。小生の勝手な感覚ではあるが彼女の作品にはどこか「彼岸の匂い」のようなものが感じられてならない。明るく静かな日常。ふと視線を外して見上げる窓の外の空。こよないものたちの空間。この作品は家族の何気ない日常をテーマとした写真集。なぜだろう、頁をめくってゆくたびに胸が詰まってくるのは。


    この間東京都写真美術館で行われた回顧展で再び植田の仕事が再評価されている。砂丘シリーズに代表されるこのモダニズムはいつまでも古びない。

Blog People

無料ブログはココログ

search


  • Google

thank you!